Logo - Full (Color)
メインコンテンツにスキップ

コミュニケーションインテリジェンス

もうフィードバックの機会を逃すことはなくなります。大切なお客さまの声をCRM上に記録することで、社内のコーチングに活用しましょう。

コールの一覧 - コールの確認パネルでの競合検索
Image Frame

チームを変革し、多数の顧客の満足度を向上

全社規模でベストプラクティスを実践し、一貫した顧客対応を実現しましょう。

デモを申し込む

AIによる分析データでコーチングの効果を向上

  1. コールの一覧 - コールの確認パネルでの競合検索

    何がチームの業績向上につながるかを特定

    顧客との会話には、営業リーダーや営業担当者の具体的なアクションにつながるヒントが豊富にあります。しかし、通話件数が増えるにつれて、必要な情報を手作業で探し出すことは非常に難しくなってきます。

    AIを活用した会話分析を通じて、通話内容の文字起こしを自動化して洞察を導き出すことで、組織の競争力を高めることができます。膨大な時間の音声データをCRMに記録することで、効果的なコーチング、競合他社のトレンドの数値化、よくある懸念点の把握、市場の動向の特定が可能になります。さらに、データに基づいた意思決定によって、成約率の向上と一貫した営業戦略に役立てることができます。

  2. 全画面でのコール確認

    マネージャーによるコーチングの効果を向上

    マネージャーは、取引の成約に向けてチームを先導しなければなりません。しかし、フォローアップのための時間の制約、チームの規模拡大、リモートワーク(テレワーク)の普及などによって、具体的なデータに基づくアドバイスの提供はこれまでにないほど困難になっています。

    コミュニケーションインテリジェンスを活用すれば、新規に採用した人材を短期間で優秀な営業担当者へと育成できるようになります。通話に関するコーチングの効率向上により、マネージャーは業績を左右する要因のパターンを特定し、コメント機能で通話内容の特定の箇所にフィードバックを残すことができます。優秀な担当者が相手の懸念事項を解消して取引を成立に導いている勝利の方程式も見えてきます。

  3. グローバル検索 - コールのキーワード検索とフィルター

    顧客とのコミュニケーションを1つのプラットフォームに集約

    営業チームからカスタマー サービス チームへの顧客の引き渡しは、スムーズに行う必要があります。また他部門が、憶測ではなく事実に基づいて顧客のニーズを把握できることも大切です。

    コミュニケーションインテリジェンスによって記録されるデータは日々の業務に利用するCRM上に保存されるので、顧客とのやり取りの全体像を把握した上で部門間の連携に取り組むことができます。競合他社や新製品の名称など、通話の中で言及されたキーワードの検索、特定のキーワードに関するレポートの作成、キーワードの言及に基づくワークフローによる自動化などを実現できます。こうしたメリットは営業活動以外の領域、例えばカスタマーサービスのリーダーやマーケティング担当者、プロダクトマネージャーといった社内のさまざまな業務で、顧客や市場に関する洞察を導き出せるようになります。

Duane Dufault headshot
単純な通話録音では、具体的な行動につながる有益な情報は得られていませんでした。しかし、HubSpotのコミュニケーションインテリジェンスを利用することで、通話の中で確認したい箇所を簡単に検索できるようになりました。例えば、プロスペクトが関心を示さなかった場合に、成約に結び付いた同様の商談をすぐに検索できます。通話内容を比較することで、相手が抱いている懸念事項をどのように解消すればよいかを学ぶことができます。最大のメリットはすべての情報が1つの場所に集約されることで、今はツールを切り替えなくても、成約までのプロセス全体を確認できるようになりました。具体的なコーチングに必要な情報も即座に参照できます。加えて、通話の中で失注した瞬間をプロダクトチームやマーケティングチームと共有すれば、顧客のニーズに響く機能の開発やメッセージングにも活用できます。

ビジネスに飛躍的な成長を

HubSpotを活用し、ツールとデータを集約してチーム全員で共有すれば、コーチングの効率を大幅に高めることができます。

数万社のお客さまが、HubSpotを活用して顧客満足度を向上しています。その理由をぜひお確かめください。