プロスペクト

プロスペクト(潜在見込み客)のウェブサイト訪問状況をリアルタイムで追跡し、最も関心を持っている企業を特定。カスタムのEメール通知で、こうした企業の動向をチーム全員が把握できます。

Sales-Prospects-1.png
Image Frame

今すぐ無料でプロスペクトを追跡

簡単なセットアップで、エンゲージメントの高いプロスペクトにターゲットを絞り込めるようになります。

無料で試してみる

エンゲージメントの高いプロスペクトを見極め、有望なリードに集中的に働きかける

  1. Sales-Prospects-2.png

    サイトを訪問している企業をリアルタイムで把握

    任意の時間を指定し、その間にサイトを訪問している企業を確認できます。

    各企業からの訪問者数や訪問されているページを詳しく分析することで、関心が高まっているプロスペクトを絞り込めます。

    エンゲージメントの高いリードへのフォローアップを優先的に実施できます。確度の低いプロスペクトを追い続ける必要はありません。

  2. Sales-Prospects-3.png

    チームが対応すべきプロスペクトを絞り込む

    地域、企業規模、訪問回数といったさまざまな条件を指定して、プロスペクトを絞り込むことができます。

    フィルターを使用してセールスチーム専用のカスタムビューを構築すれば、対応すべきプロスペクトの動向だけを表示できるようになります。

    リードの選別を効率化することで、成約に向けて多くの時間を割けるようになります。

  3. Sales-Prospects-4.png

    プロスペクトに関するダイジェストと通知をチームに送信

    セールスチームには、対応すべきプロスペクトの動向をまとめたダイジェストEメールが毎日届きます。

    自動Eメールと再訪問時の通知を設定しておくと、プロスペクトがサイトを訪問したときにアラートが送信されます。

    単純作業を自動化すれば、タイムリーなフォローアップを確実に実施できるようになります。

実際の業務に役立つオールインワンのセールスプラットフォーム

Eメールシーケンス

プロスペクトの自動検出によって、見逃しを防止できると同時に、確度の高いリードを顧客化するために時間を費やせるようになります。

Eメールテンプレート

効果が高く、何度も使用するEメールをテンプレートに設定できます。受信トレイから直接テンプレートを開いたり、チームで共有することも可能です。

Eメールトラッキング

リードがEメールを開いたり、リンクをクリックしたり、添付ファイルをダウンロードすると瞬時に通知が届くため、理想的なタイミングでフォローアップEメールを送信できます。

Eメールのスケジュール設定

スケジュールを自分で設定するか、機械学習機能を活用して、リードが実際に読んでくれそうな時間にEメールを送信します。

ドキュメント

各ドキュメントをだれが利用しているか、どのページが多くの関心を集めているのかを確認できるため、それを基にドキュメントの最適化やセールス内容のパーソナライゼーションを行えます。

ミーティング

担当者の空き時間が確認できるリンクを送信して、リードに都合の良い日時を選んでもらうことができます。Googleカレンダー、Outlookカレンダー、HbSpot CRM Freeと連携できます。

受信トレイのコンタクトプロファイル

GmailやOulookの受信トレイでCRMレコード、ソーシャルメディアのプロフィール、企業情報を参照して、理想的なフォローアップEメールを送信できます。

コール

電話を掛けるリードの一覧を作成して、ブラウザーから発信できます。通話はCRMに自動で記録され、クリック1つで録音も可能です。

ライブチャット

自社ウェブサイトを閲覧中のプロスペクトと直接やりとりできます。チャット履歴を最適なセールス担当者に転送し、プロスペクトとの関係を構築して成約率を高められます。

レポート

カスタマイズ可能なレポートとダッシュボードを利用して、セールスチームと戦略を検討したり、重要なビジネス指標を経営陣と共有したりできます。

予測リードスコアリング

確度の高いプロスペクトを見極めて優先的に対応し、確度の低いリードに対する時間の浪費を避けられます。

セールスオートメーション

ワークフローを利用して、リードの処理や取引の作成など、手間暇のかかる作業を自動化できます。

今日からHubSpot Salesを始めてみませんか

多くのリードに働きかけ、ミーティングを設定して、成約率を高めましょう。

Gmail、G Suite、Outlook、Office 365 for Windowsと連携できます。