Logo - Full (Color)
メインコンテンツにスキップ

ビジネスの成長を支援するHubSpot製品の新機能

昨年、さまざまな企業の適応力とイノベーションへの取り組みにHubSpotは新たなヒントを見い出しました。2021年の新機能は製品の使いやすさをさらに向上して、新たなニーズにお客さまが柔軟に対応する際に役立てていただけることを目指して開発されています。

新機能

HubSpotの新機能をご紹介します。

  1. コンタクト同期

    Operations Hub

    データやビジネスプロセスは企業の成長に合わせて進化できなければなりません。ただし実情として、こうしたオペレーション管理のチームは、拡張が難しくなったソフトウェアを利用していることも珍しくなく、増大し続けるビジネスニーズへの対応に苦慮しています。でも、そんな時代も終わりです。 

    Operations Hubには、アプリの連携、顧客データの整理、ビジネスプロセスの自動化に1つのCRMプラットフォーム上で対応できる統合型のツールが用意されています。その結果、ビジネスの効率、整合性、適応力を向上して、摩擦のないスムーズな顧客体験を提供できるようになります。

    詳しくはこちら
  2. Dynamic Pages EN

    CRMオブジェクトによる動的ページ

    HubSpotのCRMオブジェクトを利用した動的ページでは、CMS Hub上でSEOに適した詳細ページや一覧ページをCRMオブジェクトのデータから動的に生成し、CRM上のデータを常に反映させることが可能です。 

    製品やサービスのカタログ表示など、ウェブサイト上でCRMに保存されたデータを提示する場合も、データとコンテンツが常に同期されているので安心です。これも、HubSpot上でCMSとCRMを簡単に連動させて、優れた効果を引き出す一例と言えます。

    詳しくはこちら
  3. Report_Deals_JA

    カスタム レポート ビルダーでのキャンペーンデータ分析

    キャンペーンを実施する際には、数多くのレポートが必要になります。一方、自社に特有の測定指標は、標準的なレポートでは参照できないことがあります。

    こうした課題に対処するために、HubSpotでは、カスタム レポート ビルダーのデータソースとしてキャンペーンデータを追加しました。カスタム レポート ビルダー上で、キャンペーンのパフォーマンスに関するレポートを簡単に作成でき、動画再生回数、ページ閲覧数、コンバージョン率などの指標を詳細に分析できます。

    詳しくはこちら(英語)
  4. Site-Tree-JA

    サイトツリー

    膨大な数のウェブページを管理している場合は特に、コンテンツを探すのが大変です。CMS Hubに追加されたサイトツリーでは、階層的なツリー構造を用いてCMS内のページを整理できるようになりました。コンテンツのダッシュボードでの検索やフィルターオプションも充実しています。

    ウェブサイト全体の階層の把握から、ページの配置先の確認、ページの管理まで、サイトツリーから直接行えます。ウェブサイト内の特定のセクションから、URLをコピー&ペーストして新規ページにリンクするような場合にも、サイトツリーから簡単に子ページを追加できます。

    詳しくはこちら
  5. Conversation-Based-WF-MOVA_ja

    コミュニケーションに基づくワークフロー

    顧客に寄り添うカスタマーサービスに真摯に取り組む企業は、成長の過程においてもその評価を大切にしたいと考えているはずです。しかし、電話やEメールでの問い合わせ件数が増えると、パーソナライズされた対応が次第に難しくなる場合もあります。

    HubSpotでは、企業が優れたカスタマーサービスを提供しながら成長できるよう、コミュニケーションに基づくワークフローを構築しました。一元的な顧客データを基盤とするService Hubの自動化機能が、顧客基盤の拡大に際し、カスタマーサービスにおける顧客体験のパーソナライズと顧客満足度の向上を支援します。

    詳しくはこちら
  6. Deal_Gmail_JA

    Gmail、Outlook向けSales Hub拡張機能での取引作成

    営業担当者は、受信トレイ上で取引に関するコミュニケーションやコラボレーションを行います。顧客からの問い合わせに答え、価格を提示し、最終的に成約につなげるのもこの環境です。取引を作成するために受信トレイから離れていては、商談を次の段階へと進めるための時間が無駄になります。 

    HubSpotのSales Hub拡張機能から、営業担当者が受信トレイから直接、取引を作成できるようになりました。取引名、パイプライン、ステージ、金額などの必須の取引プロパティーを数回クリックするだけで入力できるので、営業担当者は成約に向けた活動に集中して取り組むことができます。

    詳しくはこちら

開発予定の機能

ロードマップでは、今後開発予定の機能をご紹介します。

  • 注:ロードマップは、開発段階における想定外のさまざまな問題によって変更される場合があります。また、ロードマップには開発計画の全てが含まれているわけではありません。

  • 注:ロードマップは、開発段階における想定外のさまざまな問題によって変更される場合があります。また、ロードマップには開発計画の全てが含まれているわけではありません。

  • 注:ロードマップは、開発段階における想定外のさまざまな問題によって変更される場合があります。また、ロードマップには開発計画の全てが含まれているわけではありません。

  • 注:ロードマップは、開発段階における想定外のさまざまな問題によって変更される場合があります。また、ロードマップには開発計画の全てが含まれているわけではありません。

  • 注:ロードマップは、開発段階における想定外のさまざまな問題によって変更される場合があります。また、ロードマップには開発計画の全てが含まれているわけではありません。

  • 注:ロードマップは、開発段階における想定外のさまざまな問題によって変更される場合があります。また、ロードマップには開発計画の全てが含まれているわけではありません。

ビジネスの成長をHubSpotがお手伝いします

新しいスタイルでのビジネスにHubSpotを活用して、さらなる成長を実現してみませんか?

Smiling Person