Logo - Full (Color)
メインコンテンツにスキップ
pls-hero
Image Frame

予測リードスコアリング

多数のデータポイントでコンタクトにスコアを付けることで、リードの選別を自動化し、優先的にフォローアップするリードを判断できます。

バイヤージャーニー全体のデータを利用してリードのフォローアップを最適化

HubSpotは、顧客が最初に閲覧したページから直近の成約に至るまでの流れについて、すべての情報を収集しています。こうした情報を利用して、適切なタイミングで適切なリードにアプローチするための機能がリードスコアリングです。

  1. 予測スコア通知

    機械学習を活用した予測リードスコアリングでリードの選別を自動化

    質の高いリードを見極めたい場合も、単に時間を節約したい場合も、機械学習を活用したHubSpotの予測リードスコアリングでいくつものデータポイントを解析し、質の高いリードを特定できるため、お客さまご自身でリードの選別を行う必要はありません。しかも、機械学習を活用している他のアプリケーションと同じように、予測リードスコアリングは精度が次第に向上していくので、リードのフォローアップ戦略も自ずと改善されていきます。

  2. 手動スコアリング

    従来のスコアリングでビジネスに合わせてスコアをカスタマイズ

    スコアリング条件を細かく調整することもできます。HubSpotの従来のスコアリングでは、フォームの送信、ページの閲覧、CTA(Call-To-Action)のクリック、Eメールのやり取りなどHubSpot(またはアプリ連携)の任意のデータに基づいて独自の条件を作成できます。リードスコアを使用してメーリングリストのセグメンテーション、担当者宛ての通知のトリガー、アプリ連携の有効化などを行うことができるほか、有望なリードに表示するウェブコンテンツを調整することもできます。 

  3. 複数のスコア

    成長中のビジネスに合わせて複数のスコアシートを作成

    オーディエンスが1人なら、スコアも1つで十分です。しかし企業の規模が拡大すれば、新しい顧客を獲得したり、製品ライン、地域、ペルソナを拡大したり、既存の顧客へのアップセルやクロスセルに注力したりすることもあるでしょう。多種多様なコンタクトに対応するには、さまざまなスコアリングシステムが必要です。HubSpotでは最大25種類のスコアリングシートを作成して、部門ごとに適切な方法でリードを選別することができます。

0-820817
リードスコアリング機能は非常に便利です。営業担当者は毎日ダッシュボードをチェックし、重点的に対応する必要のあるリードを確認しています。有望なリードの特定ではなく、営業活動に集中できるようになりました

リードのフォローアップの最適化を始めましょう

リードスコアリングは、ProfessionalおよびEnterpriseプランに含まれています。ぜひ実際の機能をご確認ください。