Logo - Full (Color)

データ同期で各種アプリと連携可能

HubSpotを他のテクノロジー基盤と連携し、データを同期させることで、全てのCRMデータを統合型のカスタマープラットフォーム上で一元管理できます。

無料で試してみる→

今すぐ無料でお使いいただけます。クレジットカードなどの決済情報は不要です。

  • コーディング不要で簡単にアプリとデータを同期

  • 双方向同期および既存データ同期

  • カスタム フィールド マッピング

  1. 社内のさまざまなアプリをつなげてビジネスの成長を後押し

    ビジネスが成長すると複雑さも増します。部門ごとにツールが乱立し、データのサイロ化が引き起こされると、顧客の満足度にも望ましくない影響を及ぼすことになります。

    Operations Hubに搭載されているデータ同期機能は、双方向の同期が可能で、多様なシステムとの連携を容易にします。

    コーディング不要の使いやすいユーザーインターフェイスから、幅広いアプリとの連携を行い、カスタマイズすることができます。信頼できる情報を一元的に管理することで、部門間の共通認識を醸成し、組織の業務効率と適応力を高め、摩擦のないスムーズな顧客体験を提供できるようになります。

データ同期によって幅広いアプリとの連携が可能に

Intercomロゴ
Microsoft 365ロゴ
Zendeskワードマーク
Aircallロゴ
Mailchimpロゴ
  1. データベースの同期を維持

    複数のツールにデータが分散しているのは珍しいことではありませんが、相互に連携されていない場合はデータがサイロ化してしまいます。データ同期機能によってHubSpotソフトウェアとの双方向かつリアルタイムの顧客データ同期が可能になるため、正確で一貫した最新の情報をビジネスに生かせるようになります。
  2. 一方向同期と双方向同期から選択

    アプリ間のデータの流れを自由にコントロールできます。あるツールでの変更内容を別のツールに直接適用する場合は一方向同期を、2つのツール間で継続的にデータを受け渡す場合は双方向同期を使用します。
  3. 同期を詳細にカスタマイズ

    個々のデータについて同期先を指定することができます。フィルターを駆使して絞り込んだデータベースの特定の部分を、特定のツールと同期させることが可能です。
    カスタム フィールド マッピングを使用すれば、名前やEメールアドレスなどの標準的なプロパティーだけでなく、あらゆるデータに特定の同期先を設定できます。
  4. 既存のデータから新しいデータまで

    ツール間の連携確立後に作成されたデータしか同期できない場合は、移行が必要な既存データが大量にデータベース上に残ることになります。HubSpotのデ