Logo - Full (Color)

営業向けプレイブック

対話型の営業向けプレイブックを利用すれば、最新の販売ガイドやコールの台本など、営業力を高めるセールスイネーブルメント用コンテンツを担当者に提供できるようになります。

  • カスタマイズ可能な対話型の営業向けプレイブックを利用して、成約のスピードを促進

  • 選択肢を使用した記録や体系的なメモで一貫性のあるデータを保存して、多くの営業データをビジネスに活用

  • 商談相手に関する最新の情報や、実証された取引の進め方を担当者に提供して、チーム全体の成果を向上

  1. 整合性のある営業プロセスを実現

    営業プロセスにおける担当者の迷いや戸惑いを取り払い、あらゆる状況に素早く適応できるようにしましょう。HubSpotのプレイブック機能を活用すれば、リードの見極め、交渉、あるいは新しい業種への取り組みといったどのような場合においても、営業担当者がデータを簡単に記録できるようになり、成約に必要なコンテンツや情報に簡単にアクセスすることも可能になります。

    プレイブックは、Sales Hubの画面にカード状で表示されます。担当者はプレイブックを使用して、資料を参照しながら見込み客や顧客と話したり、HubSpotのカスタマープラットフォーム全体を通して利用できる体系的なメモを作成したりできます。

  1. 見込み客との信頼関係をスムーズに構築

    ディスカバリーコールを行う場合でも、デモを提供する場合でも、商談相手との関係を構築するためには、適切なタイミングで適格な質問をすることが重要です。営業担当者が次の質問を考える必要なしに相手との会話をスムーズに進められれば、見込み客についてより深い洞察を得ることができるでしょう。さまざまなバイヤーペルソナ、販売プロセスの段階、地域、状況に合わせてプレイブックを簡単にカスタマイズできるため、最適なタイミングで担当者に適切なプレイブックを提示できます。
  2. 営業に関する多量のデータを活用

    営業を行う上で、セールスツールを導入することは極めて重要ですが、担当者がデータを正しく入力できなければ十分には活用できません。コールを行うたびに話した内容についてメモを残すことは、多くの担当者に敬遠される煩わしい作業です。HubSpotのプレイブックを利用すれば、メモやコールの記録を残すといった煩雑な手作業は必要なくなります。それだけでなく、かつては雑然としていた担当者からの多量のメモが、レポート作成のためのデータを供給するデータポイントにもなるでしょう。HubSpotのプレイブック機能なら、メモを簡単に残せるように、選択肢やコメント欄を使ってプレイブックを自由にカスタマイズできます。
  3. 最新の営業資料をチームに提供

    営業関連のリソースの作成には、多くの時間と労力が費やされます。しかし、時とともに市場や製品、そして見込み客が変化していけば、過去に作成されたリソースも古びれたものになってしまいます。更新された資料が次から次へと提供されると、営業担当者は混乱してしまうこともあるでしょう。プレイブックを使用すれば、古い内容のリソースに頼る必要がなくなり、常に最新の情報を提供できるようになります。営業ソフトウェアでプレイブックを更新するだけで、担当者はすぐに最新版を利用できるようになります。
  4. チームのスピードと効率性を向上