Logo - Full (Color)
メインコンテンツにスキップ

コール&コールトラッキング

毎日のセールスコールに優先順位を付け、発信・記録できます。すべての操作はブラウザー内で実行でき、自動的にCRMに記録されます。

1-2
Image Frame

今すぐ無料で電話を発信・追跡

簡単な設定で、セールスコールの計画、発信、記録を効率化できます。

無料で試す

HubSpotでセールスコール業務を効率化し、営業活動に専念

  1. 1-1

    CRMのデータを活用して、セールスコールの優先順位を設定

    1日のセールスコールの準備作業も簡単です。

    HubSpot CRMでのやり取りやコンタクトに関するデータに基づいて、必要なコールを特定し、優先順位を設定します。

    重要度の高いコールから順に、簡単かつ効率的に対応することが可能になります。

  2. 2-2

    発信と記録はすべてデスクトップのブラウザーから

    受話器を取らなくても、ブラウザーから発信することが可能です。

    クリック1つでVoIP通話や一般回線からプロスペクトに発信でき、発信には個人に割り当てられた電話番号が使用されます。録音機能も用意されているので、会話の内容をしっかりと振り返ることができます。

    セールスコールにかかわる業務を効率化することで、本質的な営業活動に専念できるようになります。

  3. 3-2

    通話の内容を自動でCRMに記録

    通話中にペンで内容を書き留める時代はもう終わりです。 

    HubSpotのコールトラッキングではすべての通話が自動でHubSpot CRMまたはSalesforceに記録されます。

    さらに、Enterpriseパッケージではコミュニケーションインテリジェンスを使用できます。文字起こし、キーワード検索、コメント追加、コール分析を活用することで、マネージャーは各営業担当者のコーチングを効率的に実施できます。

実際の業務に役立つオールインワンの営業支援プラットフォーム

Eメールシーケンス

プロスペクトの自動検出によって、見逃しを防止できると同時に確度の高いリードを顧客化するために時間を費やせるようになります。

Eメールテンプレート

効果が高く、何度も使用するEメールをテンプレートに設定できます。受信トレイから直接テンプレートを開いたり、チームで共有することも可能です。

Eメールトラッキング

リードがEメールを開いたり、リンクをクリックしたり、添付ファイルをダウンロードしたりすると即座に通知が届きます。特に重要な通知は、アクティビティフィードの先頭に表示できます。これにより、理想的なタイミングでフォローアップEメールを送信できます。

Eメールのスケジュール設定

特定の日時に送信されるようスケジュールを自分で設定できます。また、機械学習機能を活用してリードが実際に読んでくれそうな時間にEメールを送信することも可能です。

ドキュメント

各ドキュメントをだれが利用しているか、どのページが多くの関心を集めているのかを確認できるため、それを基にドキュメントの最適化やプレゼン内容のパーソナライゼーションを行えます。

ミーティング

担当者の空き時間が確認できるカレンダーのリンクを送信して、リードに都合のよい日時を選んでもらうことができます。Google カレンダー、Office 365、HubSpot CRMと連携できます。

ウェブチャット

自社ウェブサイトを閲覧中のプロスペクトと直接チャットでやり取りができます。また、チャットでの問い合わせを最適な営業担当者に割り当てることができるため、プロスペクトと関係を構築し成約率を高めるのに役立ちます。

コール

電話をかけるリードの一覧を作成して、ブラウザーから発信できます。通話はCRMに自動で記録され、クリック1つで録音も可能です。

セールスオートメーション

ワークフローを利用して、リードの割り当てや取引とタスクの作成など、手間暇のかかる作業を自動化できます。

レポート

使い易くカスタマイズ可能なレポートとダッシュボードを利用して、重要なビジネス指標を経営陣と共有したり、営業チームの詳細な指標を検討したりできます。

予測リードスコアリング

確度の高いプロスペクトを見極めて優先的に対応することができます。

Salesforceとの連携

Salesforceと双方向で同期できるため、Eメールやミーティング、通話の記録をすぐに確認できます。

HubSpot Sales Hubにご興味をお持ちですか?

リードへのアプローチとミーティングの日程調整を効率化して、取引の成約率を高めましょう。

Gmail、G Suite、Outlook、Office 365 for Windowsと連携できます。