Logo - Full (Color)

専用IPアドレス

Add on

マーケティングEメールに自社専用のIPアドレスを使用して、IPレピュテーションを独自に管理しましょう。

  • Eメールの到達可能性を独自に管理

  • 送信者としての評価を自動的に向上

  • 継続的なモニタリングで高いEメール到達率を維持

  1. Eメールの到達可能性と自社のIPレピュテーションを独自に管理

    Eメールマーケティングの成功を左右する要因の1つに、IPレピュテーションがあります。IPレピュテーションは、IPアドレスの評判や信用性をスコア化して評価するものです。共通IPアドレスのレピュテーションは、共通IPアドレスから送信されるEメールの到達可能性に影響します。これに対し、自社専用IPアドレスを使用すれば、自社のIPレピュテーションやEメールの到達可能性が、共通IPアドレスを使用する他のドメインの影響を受けることを回避できます。

  1. 送信者ドメインの信頼性を独自に管理

    共有IPアドレスの信頼性は、そのIPを共有している利用者全体の行動やEメール到達率に左右される傾向があります。HubSpotでは、共有IP経由のEメール配信に関する専任チームを設置して、到達可能性のさらなる向上に努めています。一方、Eメール到達可能性や送信者ドメインの信頼性を独自に管理したいお客さまもいらっしゃいます。専用IPをご利用いただくことで、送信Eメールの到達可能性を自社で詳細に管理できるようになります。
  2. 専用IPアドレスの信頼性を高め、送信者スコアを管理

    新しい専用IPアドレスでは、送信者としての評価を段階的に高めていくことが重要です。HubSpotでは、コンタクトの反応に基づいて、専用IPを使用したEメール送信が自動的に調整されます。IPの信頼性の確立を目指して、Eメールを送信するたびに到達可能性に関する最適化が行われます。

ご不明な点がございましたら詳しくご紹介いたします。お気軽にお問い合わせください。

03-6863-5389