Logo - Full (Color)

チケット管理システム

顧客からの問い合わせをコミュニケーションの受信トレイ内でまとめて管理し、優先順位を付けて対応することで、チーム内での情報を整理でき、顧客満足度の向上にもつながります。

  • 全ての問い合わせと顧客の詳細を1か所でまとめて確認

  • チケットの優先度付けと割り当てを行い顧客体験を向上

  • タスクの割り当て、タグ付け、エスカレーションを自動化

  1. 問い合わせ対応の効率化による
    顧客満足度の引き上げ

    問い合わせにタグやメモ、コメントを付けられないと、顧客とのやりとりの経緯をチームで共有することが難しくなります。Eメールでのやりとりが繰り返し発生し、顧客の待ち時間も長くなり、不満を誘発しかねません。

    HubSpotの問い合わせ管理システムでは、問い合わせチケット、やりとり、コンタクト情報を1か所に集約することにより、1つひとつのコミュニケーションに情報を付け加えることができます。届いた問い合わせに優先度を設定し、サービスの質の維持と満足度の高い体験の提供に取り組みましょう。

さまざまな企業や組織でご活用いただいています

Frontify
VMware
Loom
monday.com
Trello
SurveyMonkey
  1. 顧客からの問い合わせを見やすく管理

    コミュニケーションの受信トレイを利用すると、全ての問い合わせを「チケット」として一元管理できます。メモの入力やタグの追加を行い、問い合わせへの対応履歴を記録することで、チーム全員で認識を共有しましょう。チケットに関連する多くの情報を参照できるので、情報に基づくタイムリーな回答を届けることが可能になります。
  2. 満足度の高い効率的な
    カスタマーサービスを提供

    チケット管理システムは、チケットの作成および担当者への割り当ての自動化、CRMへの顧客データの入力、必要に応じた問い合わせのエスカレーション対応に活用できます。スプレッドシートの管理やシステム運用に時間を浪費することなく、顧客課題の解決に集中して取り組みましょう。
  3. 業務の優先度管理を支援

    コンタクトのタイムラインに表示された経緯を参照しながら、新たなチケットの優先度を適切に管理し、急を要するチケットから順に対応しましょう。各チケットに適切な担当者とステージを割り当てることで、問い合わせの見落としを防ぐことができます。
  4. チケットデータを活用し
    カスタマーサービスの傾向を把握

    チケットに関するダッシュボードを作成することにより、高頻度の問い合わせの特定や、担当者の対応実績の把握が可能になります。また、標準搭載のアナリティクス(分析)機能を、コンタクト数や応答時間のほか、NPS®(顧客ロイヤルティー指標)をはじめとする顧客体験の主要な測定指標の評価に活用できます。評価基準を確立し、サービスの向上度を継続的に測定しましょう。