Logo - Full (Color)
メインコンテンツにスキップ

HubSpotとMicrosoft Dynamicsの製品比較

ビジネスの収益に直結する営業プラットフォーム。統合ソフトウェア環境を導入して、プロスペクトの管理、パイプラインの追跡、取引の成立、業務効率を実現することは非常に重要です。このページでは、HubSpotとMicrosoft Dynamicsという2つの代表的なCRMプラットフォームを比較します。導入検討の際に、ぜひお役立てください。

HubSpotのCRM機能にご興味をお持ちでしたら、お客様にあわせたデモをご用意いたします。以下のボタンから営業担当者にご連絡ください。

はじめに

数あるCRMソリューションの中でも、HubSpotとDynamicsは共に成長企業から高く評価されています。どちらのプラットフォームも大規模な営業チームを対象に、成長に合わせて拡張可能で堅牢なソリューションを提供します。このページでは、HubSpotとDynamicsの違いについて説明します。ビジネスの成長に役立つ最適なCRMはどちらの製品か、判断するための検討材料としてご活用いただければ幸いです。

HubSpot

HubSpotは、クラウドベースの顧客関係管理(CRM)プラットフォームで、Marketing Hub、Sales Hub、Service Hub、CMS Hubといったソフトウェアと併せて使用することで企業のスマートな成長を支援します。シンプルなユーザーインターフェイス、信頼できるサポートとセキュリティー、プロセスの自動化を通じて、営業チームの成長と発展を後押しします。不要な機能に過大な費用をかける必要もありません。

Sales Hubの概要

Sales Hubは、カスタムオブジェクト、営業エンゲージメントソフトウェア、CPQ(製品構成、価格設定、見積もり作成)ツール、高度なアナリティクス(分析)機能を備えたオールインワンの営業支援ソフトウェアで、営業チームの生産性の向上、時間の節約、収益の拡大に役立ちます。 

充実した機能と使いやすさを兼ね備えた便利なCRMとして、営業リーダーや営業担当者から高い評価を得ています。

Microsoft Dynamics 365

マイクロソフトは、消費者向けと企業向けの製品に加えて、クラウドベースの顧客関係管理(CRM)プラットフォームとマーケティング、営業、カスタマーサービス、フィールドサービス、財務、運用、コマース、人事ソフトウェアアプリケーションを提供しています。

 

Dynamics 365 Salesの概要

Dynamics 365 Salesは、セールスオートメーションにコンテキストデータ分析とカスタマイズ機能を組み合わせた営業支援CRMです。

Dynamics 365 Salesは、営業活動における顧客との関係強化を支援します。

価格

販売価格だけでは、購入を検討しているソフトウェアの全貌を理解することはできません。ここでは、HubSpotとMicrosoft Dynamics 365 Salesのそれぞれの費用項目と導入に伴う費用の総額を比較します。

  1. 価格設定をシンプルに

    HubSpotの広告表示価格には必要な主要機能がすべて含まれています。営業活動を担当する有料ユーザー数を増やす場合にのみ追加料金が発生します。日々の営業活動に必要な機能を使用せず、レポートの閲覧など一部の機能のみをご利用いただくユーザーであれば、無料でご利用いただけます。無料ユーザーというHubSpotのメリットについては、こちらからご確認いただけます。 


    Dynamics 365はユーザー単位で課金され、主要機能の追加には別途料金がかかります。マーケティングチームと営業チームの連携強化、経営幹部の可視性を高めるレポート、営業担当者向けの受信トレイの共有にも、追加のコストが発生します。

 HubSpot
Sales Hub Enterprise価格設定
Microsoft Dynamics 365 Sales Enterprise価格設定
(注:円の金額は、1米ドルを104円で換算した参考情報です)
定価

有料ユーザー50名あたり月額720,000円(出典

有料ユーザー50名あたり月額4,750ドル(出典
(104円換算で494,000円)

ライセンス費用

ユーザーを追加する場合は有料ユーザー1名につき月額14,400円(出典

ユーザーを追加する場合はユーザー1名につき月額95〜135ドル(出典
(104円換算で9,880〜14,040円)

導入支援

Enterprise導入支援サービスは定額360,000円。
テクニカル コンサルティング サービスの利用には追加料金が必要(出典

Salesアプリ導入支援サービスは平均15,000ドル。管理者トレーニングには追加で1,000ドルが必要(出典
(104円換算でそれぞれ1,560,000円、104,000円)

高度なレポート機能

Sales Hub Professional/Enterpriseのユーザーに含まれる(出典

Dynamics 365 Sales Premiumが必要。Sales Enterpriseの料金に加えて、有料ユーザー50名あたり追加で2,000ドル。(会話インテリジェンスが含まれる)(出典
(104円換算で208,000円)

プラットフォームのメンテナンス

1つのコードベースで構築されたHubSpot CRM、Sales Hub、Marketing Hub、Service Hubによるシームレスなプラットフォーム(出典

Field ServiceやMarketingなどのDynamics 365製品との統合プラットフォーム(出典

カスタマーサポート費用

すべてのProfessionalプランおよびEnterpriseプランに電話、チャット、およびEメールによるサポートが含まれる(出典

Dynamics 365の契約に電話とEメールによるサポートが含まれる(出典

コールソフトウェア

すべてのプランに含まれる。通話時間の制限あり(Enterpriseプランの場合、ユーザーあたり月2,000分)。一部の国のみで提供(出典

含まれない。連携が必要(出典

営業エンゲージメントソフトウェア

Enterpriseプランで提供:
チームの共有アドレス
タスク
コミュニケーションの受信トレイ
動画
Eメールシーケンス
など、他にもさまざまな機能を備えています。
出典

含まれない。連携が必要(出典

合計
1年間に必要な推定総額
(50名のチームの場合)

9,000,000円

98,000ドル
(104円換算で10,192,000円)

  1. Microsoft Dynamics 365 Salesのコスト:Dynamics 365で高度なレポート機能を利用するには、Sales Premiumが必要になります。Dynamics 365 Sales Premiumを有料ユーザー50人のチームで使用する場合、年間コストは98,000ドル(104円換算で10,192,000円)程度と推定されます。一方、HubSpot Sales Hub Enterpriseを有料ユーザー50人のチームで使用する場合、年間コストは9,000,000円になります。Microsoft Dynamics 365 Sales Premiumと比較して1,192,000円程度のコスト削減が見込まれる上に、数多くの機能を使用できます。 

  2. 管理のしやすさと柔軟性

    HubSpotは、管理者、営業担当者、マネージャーの皆様の使いやすさを重視して設計されています。そのため、導入にかかる時間と費用を抑え、営業システムを自在に管理できるようになっています。CRMの設定や管理に際して専門家の手を借りる必要はありません。さらに高度な運用を行う場合は、新機能のカスタムオブジェクトをご利用ください。ビジネスのニーズに合わせて柔軟で使いやすい営業支援CRMを構築できます。

    Dynamicsの導入とメンテナンスには、トレーニングを受けた経験豊富な管理者が必要となります。Dynamicsの顧客の多くは、コンサルティングパートナーの協力を仰いだり(出典)、新たにフルタイムの管理者を若干名採用したり(Glassdoorによると管理者1人あたりの平均年収は76,526ドル)、既存の従業員にDynamics管理者になるトレーニングを受けさせたりしています。

  3. ビジネスの成長に合わせて拡張するサポート

    HubSpotは皆様のビジネスの成長を後押しします。有償版をご契約のすべてのお客様に、カスタマー サポート チームおよびカスタマー サクセス チームによる丁寧なサポートを提供します。Professional、Enterpriseをご利用のお客様は、追加料金なしで電話によるサポートとEメールサポートもご利用いただけます。ビジネスの拡大に伴って利用頻度が増えても追加料金はかかりません。世界トップクラスのオンライン学習プラットフォームとして評価されているHubSpotアカデミーも無料でご利用いただけます(出典)。 

    Dynamicsのサポートは、Dynamics 365の契約に含まれています。Professional Directサポート(1対1のアドバイスの提供や24時間365日体制のテクニカルサポート)を希望する場合は、ユーザー1名につき月額9ドル(104円換算で936円)の追加料金を支払う必要があります(出典)。また、無償の認定資格やトレーニングを利用できますが、有償のものもあります(出典)。

機能

営業活動に不可欠なシステムがCRMです。CRMは日々の案件整理に役立ち、利便性に優れている必要があります。さらに、業務の生産性を高め、組織の収益を向上させると共に企業の成長に合わせて拡張できなければなりません。HubSpotとDynamics 365 Salesの重要なCRM機能について比較してみましょう。

  1. reporting-9j

    機能性

    HubSpot CRMは、消費者向け製品のような使いやすさとエンタープライズ向けの充実した機能を兼ね備えたソリューションです。Sales Hubは、コンタクト管理、アナリティクス、営業エンゲージメント、セールスオートメーション、パイプライン管理、カスタムオブジェクト、CPQなど、多くの機能を提供します。成長段階にある中規模B2B企業、大規模な企業、急成長中のユニコーン企業などから、事業規模に合わせた拡張が可能なソリューションとして高い信頼を集めています。 

    Dynamicsは、営業の業務機能(リード管理、予測、CPQなど)やレポートなどを提供しています。あらゆる規模の企業を対象とした、機能豊富な製品を幅広く取りそろえています。ただし、LinkedIn Sales Navigatorの機能やコンテキストデータの分析(パイプラインの予測、電子メールエンゲージメント、予測スコアリング、リレーションシップ分析など)を利用する場合は追加機能の購入が必要になります(出典)。

    HubSpotもDynamicsも、急速に成長するチームに欠かせない高度な営業ツールを提供する点では共通しています。 

  2. Screenshot 2020-11-09 at 16.32.52

    使いやすさ

    HubSpotは、最も使いやすいCRMおよびB2Bソフトウェアとして、常に高い評価を獲得しています(出典)。HubSpotユーザーの間では、特に利用の定着率の高さを評価する声がよく聞かれます。HubSpotに移行したお客様の多くは、社内での利用が定着した結果、データの質が向上したと述べています。精度の高いデータをHubSpotの優れたレポートと自動化機能を駆使して分析することで、ビジネス全体の健全性を詳しく把握できるようになります。 

    Dynamicsの堅牢なレポート機能は高度なカスタマイズが可能です。ただし、カスタマイズには時間がかかり、ノウハウを習得するためのトレーニングが必要になる場合があります。G2では、セットアップの容易さの面でHubSpotがDynamics 365 Salesよりも高く評価されています(出典)。とはいえ、Dynamicsの使い方を習得するか管理者を採用すれば、営業プロセスを改善するための強力なカスタムツールを作成できるようになります。

    HubSpotもDynamicsも、営業向けの機能豊富なツールを提供するという点では共通しています。しかし、どんなに強力なツールでも習得に多大な時間がかかっては意味がありません。優れたCRMとは、すべてのユーザーにとって使いやすいCRMです。

g2-logo-3-1
新規案件の獲得数が増加し、営業サイクルが短縮されました。また、営業プロセスも合理化できたことに加えて、特筆すべきはMicrosoft Dynamicsで追跡できていなかった活動を(Sales Hubでは)追跡できるようになった点です。当社の場合、Dynamicsは難しくて使いこなせませんでしたが、HubSpotは非常にスムーズに社内に定着しました。

HubSpot Sales Hubに関するG2レビュー

  1. 1-1

    オールインワンのプラットフォーム

    HubSpot CRM、Sales Hub、Marketing Hub、Service Hubは、すべてHubSpotがゼロから開発したものです。このため操作性が一貫しており、データ、レポート、および個々のツールはすべて同じように操作できます。 

    Dynamicsは、Marketing、Sales、Customer Service、Field Serviceといった多くの製品を提供していますが、拡張した場合はメンテナンスの負荷が増し、知識の習得にも一層時間がかかります。ただしMicrosoft 365のパワーユーザーなら、プラットフォームが同じDynamicsにもスムーズに慣れることができるでしょう。例えば、Outlookと連携させれば、Eメールで取りつけた予定、タスク、コンタクトを1つのシステムで追跡できます。

    HubSpotもDynamicsも、オールインワンのプラットフォームです。どちらもCRMに加えて営業、マーケティング、カスタマーサービスなど顧客対応を行うチームが必要とするすべてのツールを網羅しています。統合型プラットフォームを導入することで、部門間の連携を強化し、一貫した顧客体験を提供できるようになります。

  2. RecordCustomization-2j

    拡張とカスタマイズ

    HubSpotは円滑な導入のための使いやすさはもちろん、お客様に合わせたサポートを提供しています。また、カスタムオブジェクトを使用して柔軟なデータ構造を実現できるため、カスタム実装も容易です。HubSpotの「使いやすさ」とは、時間の経過と共にシステムを柔軟に変化させることが可能で、事業の拡大に合わせてカスタマイズと微調整を行えることです。

    Dynamicsは複雑かつ高度なニーズに合わせて強力にカスタマイズできます。例えば、Power AutomateやPower Appsなどのツールを使用すれば、(特に製造業などの)複雑なビジネスニーズに迅速に対応できます。ただし、これらのツールは基本価格に含まれていないため、別途購入する必要があります。

    HubSpotもDynamicsも、成長企業に欠かせない強力な機能を備えています。成長企業はさらに、ニーズの変化やビジネスの成長に合わせて拡張できるCRMを求めています。このため、業務のプロセスに合わせてCRMをカスタマイズできる柔軟性と管理性が非常に重要になっています。

  3. appmarket-j

    エコシステム

    HubSpotアプリマーケットプレイスでは、サードパーティー製アプリの連携についても、HubSpotのソフトウェアと同じアプローチを取っており、機能、使いやすさ、品質を重視しています。マーケットプレイスを通じたアプリ連携は、簡単にインストールし設定することができます。500以上のアプリ連携があり、その多くはHubSpotで構築されたネイティブ連携です。

    Dynamicsコネクタライブラリでは、Dynamics 365との連携に使用できる数百ものツールが公開されています。これにより、Office製品のツールやサードパーティー製アプリと接続できます。また、Power Automateのテンプレートでは、複数のアプリを組み合わせて特定のプロセスを実行することもできます。 

    HubSpotもDynamicsも、堅牢なアプリエコシステムを通じて優れた追加機能を提供する点では共通しています。どちらもビジネスのニーズに合わせてCRMをカスタマイズする際に役立つ、オープンAPIと開発者用ツールを提供しています。

お客様の声

HubSpotは、世界120か国以上で86,000社以上のお客様にご活用いただいています

  • EZ cater logo
  • CasioBest
  • Airwallex Logo - Black (1)
  • 23 and me
  • Wave_logo_RGB
  • Vacasa PNG
  • hamilton-company-logo-vector
  • Tribe Dynamics
  • VC-1

DynamicsからHubSpotへの移行

業務への影響を最小限に抑え、お客様の営業チームが安心してHubSpotに移行できるよう、専門の移行チームがお手伝いします。

既存のプロセスを最適化しないまま単にコピー&ペーストするのではなく、将来にわたって拡張可能な最適なシステムを新規で設計できるようサポートします。以下は、HubSpotへの移行に向けた実証済みの段階別アプローチです。

5段階の移行プロセス

JP_5 phases-1-1

さらに詳しい情報をご希望の場合は、営業担当者へお気軽にお問い合わせください。

営業担当者に相談する

お客様を支援するコミュニティー

HubSpot logo

Solutions Partner

Solutions Partnerプログラムには、マーケティング、営業、カスタマーサービス、ウェブデザイン、CRM、ITサービスを専門とするさまざまな企業が集結しています。顧客の立場で考えることが成長の鍵を握るという共通認識のもと、世界中から集まった企業が連携して、お客様の課題を解決する広範かつ高度なソリューションを提供しています。

パートナーを探す
HubSpot logo

コミュニティー

HubSpotの日本語コミュニティーは、必要なときにいつでもご利用いただけます。CRMのセットアップ方法やカスタマイズに関するベストプラクティスなど知りたい場合は、ぜひコミュニティーをのぞいてみてください。コミュニティーメンバーが解決へと導いてくれます。

コミュニティーをのぞいてみる
HubSpot logo

ナレッジベース

業務が忙しく、サポートを依頼する時間すら惜しいこともあるでしょう。誰かに尋ねるより、自力で答えを見つける方が早いこともあります。HubSpot製品について不明点がある場合は、包括的なナレッジベースを検索してみてください。

ナレッジベースを検索する

HubSpot Sales Hubにご興味をお持ちですか?

Eメールの送信やミーティングの日程調整などを効率化して、取引の成約率を高めましょう。

Smiling Person