Logo - Full (Color)

情報共有インターフェイスを備えた新しい取引登録システム

販売プロセスにおける摩擦を解消するために開発された、新たな専用システムが登場。新しい取引登録システムの概要と使い方、およびこのインターフェイスがパートナーさまの販売プロセスにもたらす効果について説明します。
IMGL0951-Edit-3

取引登録システムの意義とは

取引登録は、HubSpot製品取引で見込みのある商談に焦点を当てるために使用されます。当社の新しい取引登録システムには、取引の登録を行うことで共有取引が作成され、パートナーさまとHubSpotのポータル間で情報を同期できるのが特長です。共有取引では、取引の登録時にパートナーさまとHubSpotの両方のCRM内で同じ取引のレコードが作成されます。パートナーさまが共有取引を登録する方法は3種類。パートナーダッシュボードのバナーから行う方法、コンタクトレコードまたは会社レコード上で行う方法、そしてCRM内の既存の取引を共有取引に移行する方法です。

HubSpotアカデミーの新しいレッスン(英語)で、取引登録の使い方をマスターしましょう。

レッスンを受講する

取引登録のメリット

販売活動の道筋を明確化

取引登録を行うと、パートナーさまがドメインの担当ではない取引も進められるようになります。リードを登録しようとして既に別の担当者がいた場合は、パートナーさまのCRM内に、該当するHubSpot側のリード担当者との共有取引が自動で作成されます。

取引情報の詳細を把握

共有取引では、取引に欠かせない全ての詳細情報をCRMで一元管理できます。例えば、共同販売の責任者、取引の見積もり、やり取りの履歴のほか、対象取引におけるパートナーさまのティアクレジットとコミッションの獲得資格に関する情報などです。

プロセスの透明性を向上

取引チーム(共有取引に対応するチーム)の連携が取れていれば、それはプロスペクトにも伝わります。共有取引はCRM間で同期され、取引の最新状況を把握できるため、プロスペクトに対して一貫した販売活動を行えます。

取引登録の仕組みと共同販売の詳細

取引登録の仕組みについて理解を深めていただける8分間のデモ動画をご用意しました。このデモでは、新しい情報共有インタ