Logo - Full (Color)

インバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティングとは、ターゲットオーディエンスのニーズに寄り添い、ロイヤルティーの高い顧客を惹きつけるマーケティング手法です。価値あるコンテンツを通じて相手に合わせたマーケティングを実施することが、顧客エンゲージメントとビジネス成長を促す鍵となります。

インバウンドマーケティングの概要

インバウンドとは、消費者、見込み客、顧客との間に有意義で長続きする関係を作り上げることで組織成長を目指す考え方であり、無理に注意を引こうとする従来の広告手法とは対極に位置するものです。顧客を尊重し、顧客がカスタマージャーニーのあらゆる段階で目的を達成できるよう支援することが重視されます。

なぜなら、顧客が成功をつかむことが自社の成功にもつながるからです。

インバウンドは次の3つの方法を通じて実践されます。

  1. Attract(惹きつける):価値のあるコンテンツや対話を通じて適切な相手の心をつかみ、頼りになるアドバイザーとして印象付けます。
  2. Engage(信頼関係を築く):相手の課題や目標に合わせた情報やソリューションの提供によって、成約の可能性を高めます。
  3. Delight(満足してもらう):製品やサービスを使って顧客が持てる力をさらに発揮できるように、必要な支援を行います。

インバウンドマーケティングはなぜ重要?

製品やサービスを利用してビジネス目標を達成できた顧客から成功体験が周囲に共有されると、話を聞きつけて新しい見込み客がやって来ます。それが何度も繰り返されるうちに、ひとりでに回転を続ける好循環が生まれ、ビジネスの勢いが作り出されます。だからこそ、インバウンドの思想は、当社が提唱する円環型のフライホイールモデルの強力な基盤となるのです。

Attract(惹きつける)、Engage(信頼関係を築く)、Delight(満足してもらう)の3段階の推力が加わるフライホイールの図。Growth(成長)が中心にあり、外側の円環は未認知層から見込み客、顧客、推奨者への転換を表す。

ターゲットオーディエンスに効果的に働きかけるには、インバウンドマーケティングにビジネスの焦点を移す必要があります。HubSpotの共同創業者のブライアン・ハリガンによると「参考になる情報が詰まったリッチコンテンツを作成すれば、多くの人が関心を寄せ、好きになって」くれま