Logo - Full (Color)

カスタマーサービスの自動化

カスタマーサービス業務を自動化することで、不要な手動プロセスを解消し、顧客の支援に集中して取り組めるようにしましょう。

  • ウェブチャット、Eメール、Facebookなどを通じて、カスタマーサ‍ポ‍ートを提供

  • チャネル間をシームレスに切り替え

  • 顧客との全てのやり取りで背景情報を踏まえて対応

  1. カスタマーサービスの自動化を通‍じて信頼関係を強化

    ビジネスの規模が拡大すると、1人ひとりの顧客に寄り添った迅速な対応や、顧客とのやり取りの社内共有が難しくなります。

    一元的な顧客データを基盤とするService Hubは、機械的ではない、お客さまの状況を踏まえたチームワークを支える自動化機能を備えています。カスタマーサービス担当者による広範かつ柔軟な顧客対応と、今までにないほどの部門横断的な情報の可視化が可能になります。

高い評価をいただいています

badge-leader-mid-market-winter-2023
badge-leader-small-business-winter-2023
badge-leader-winter-2023
badge-leader-enterprise-winter-2023
badge-leader-anz
badge-leader-europe-winter-2023
  1. データの統合が社内の連携を促進

    組織の規模が大きくなるとシステムが乱立し、データの不整合を引き起こしかねません。HubSpotの自動化エンジンは1つの統合型CRMプラットフォーム上に構築されているため、複数の部門にわたるデータを結び付けることができ、JiraやSlackなどのよく利用されるアプリとの連携にも対応しています。また、一元管理されたデータに基づいて作業できるので、社内のコラボレーションが容易になります。
  2. サポートを自動化して、問い合わせの確認漏れを防止

    カスタマーサービスが自動化されていない場合、部門間で共有されるべき問題の伝達漏れが生じるおそれがあります。カスタマーサービスを自動化すれば、優先度の高い問い合わせをチケットとして管理し、確実に解決できます。また、サポートチケットに基づいて、取引の作成や、さらなる購買意欲の醸成など、後続の自‍動処理も設定できます。
  3. 一元的なシステムで
    フィードバックを効‍率的に活用

    顧客からのフィードバックが保存されているシステムが孤立している場合、教訓を生かして課題に対処する機会を逃してしまいます。全てのフィードバックをService Hubに格納することで、洞‍察を導き出して実践につなげることができます。NPS®(顧客ロイヤルティー指標)アンケートの回答に基づいて自動的に顧客へのフォローアップを行い、製品に関する重要な情報を収集し、ソーシャルプルーフ(社会的な評価を裏付けとした安心感)を確‍立できるようになります。