Logo - Full (Color)

HubSpotとMailchimpの
比較

HubSpotとMailchimpの機能の違いを解説します。

はじめに

現代のマーケティング担当者は日々、大量の業務に追われています。Eメールの送信、リターゲティング広告の配信、ソーシャルメディアのアカウント管理といった業務は、それぞれが顧客との多様な接点の1つであり、カスタマーエクスペリエンス全体を構成する要素として欠かせないものです。山のような業務に追われるマーケティング担当者たちのために、世の中には優れたカスタマーエクスペリエンスを構築してビジネスを成長させるためのツールが豊富に用意されています。このページでは、マーケティングツールの導入にあたり、マーケティング部門や各担当者にとって最適なツールを選択するためのヒントをご紹介します。

HubSpot

HubSpotは、マーケティングオートメーションやEメール管理をはじめとする柔軟性の高いマーケティングツールに、高機能なCRMシステムを組み合わせた成長支援プラットフォームです。HubSpotを使用することで、マーケティング活動を通じて、バイヤージャーニー全体のカスタマーエクスペリエンスにどんな影響が発生しているかを把握することができます。 また、HubSpotはG2 Crowdのマーケティングオートメーション部門で第1位ガートナーで第1位に選ばれました。すべての機能を日本語でご提供しています。

Mailchimp

Mailchimpは、マーケティングオートメーションとEメールマーケティングを実施するためのサービスです。Mailchimpでは、Eメールマーケティング用ツールを使用してオーディエンスとの関係を構築できます。また、多種多様な外部サービスとの連携により、ツールの機能を拡張することができます。

HubSpotの提供するツールは思いのまま、期待通りに機能してくれるシステムです。使い勝手がよいので、どのようなマーケティングチームにもおすすめできます。

Carl Scalzo氏

CEO
Online Computers(Mailchimp旧ユーザー)

Online Computer社の事例の全文を見る(英語)

G2-Crowd-Fall-2018HubSpotはG2 Crowdのマーケティングオートメーション部門で第1位 

「ほとんどのマーケティング オートメーション ツールは、基本的な機能(リードの記録、ソーシャルメディア、Eメールマーケティング、ランディングページなど)では大差ありません。しかし、質の高いトレーニングやベストプラクティス、カスタマーサポートを提供してくれている企業は限られています。わたしが試したツール(Eloqua、Marketo、HubSpot)の中でも、HubSpotはユーザビリティと顧客維持に注力していることが伺えます。HubSpotは早い成長とROIの向上を望む組織に最適です。ユーザーが抱く様々な疑問に対応できるよう、多様なリソースを用意している点も評価できます。」 - G2 Crowdのレビューより引用

その他のレビューを見る(英語)

 

 

HubSpotはガートナーのマーケティングオートメーション部門で第1位
Gartner-CC-2018

「世の中には多数のベンダーや製品があふれていますが、融通が効かず、複雑で値がはるものだったり、大抵はMarketoのように大企業向けの製品だったりします。その場合、導入し活用するのに多くのリソースを要します。5億ドル以下の規模で、マーケティングも少人数で対応している企業にはHubSpotが最適です。HubSpotは導入支援とカスタマーサポートに優れています。また、HubSpotのパートナーも非常に徹底していて、直近で必要なものから先々の成長に必要なものまで、しっかりと考えてくれます。」 - ガートナーのレビューより引用

その他のレビューを見る(英語)

 

オーディエンスを惹きつける
魅力的なEメールの作成と送信

HubSpot Email Tool

 

往々にして、マーケティング部門が最初に導入するのはEメール管理用のツールです。それも当然のことで、リードにアプローチしてロイヤルティーの高い顧客を育成するにはEメールマーケティングが手軽な方法であり、コストパフォーマンスも非常に高くなります。その証拠に、Eメールマーケティングによって、 ROI(投資収益率)が最大4400%に及ぶという調査結果もあります。Eメール管理用ツールを導入する際は、自分が必要とする機能がツールに備わっており、自社の成長に合わせて柔軟に使い続けられるかどうかを確認するようにしましょう。

MailchimpのEメール マーケティング ツールは、ドラッグ&ドロップで簡単に操作できるEメールエディターと、コードのカスタマイズが可能なEメールテンプレートを主な特徴としています。有料プランに移行すると、A/Bテストや送信日時の動的設定といった機能も利用できるようになるほか、一部のプランでは比較レポートを利用できるようになります。これにより、複数のキャンペーンのデータを分析して、チーム内で情報を共有することが可能になります。

HubSpotのEメールツールには、Mailchimpで提供されているすべての機能はもちろん、それ以外にもさまざまな機能が含まれています。HubSpotのEメールエディターはドラッグ&ドロップで簡単に操作できます。また、豊富なテンプレートが用意されており、自社のブランド独自のニーズに合わせてパーソナライズも可能です。さらに、自社の成長に合わせてプランをグレードアップすれば、送信日時の最適化やA/Bテストなどの機能を追加することができます。

HubSpotのEメール マーケティング ツールが真の威力を発揮するのは、CRMシステムや、HubSpotのマーケティング オートメーション プラットフォームと組み合わせたときです。HubSpotを活用すれば、CRMに登録した情報を基に、コンタクト1人ひとりに合わせて文面を細かく調整したEメールキャンペーンを作成できます。また、Eメールキャンペーンを自動化して、if/then分岐を設定すれば、送信相手のコンタクトと自社のこれまでのやり取りに応じて、Eメールの内容を変更することができます。

Scroll to see more
 HubSpot MailChimp
ドラッグ&ドロップで操作できるEメールエディター



eコマース用Eメール



Eメールのパーソナライズ



A/Bテスト



タイムゾーンに基づく送信日時の調整



各種デバイスへの最適化



送信後のEメール分析



比較レポート



トランザクションEメール



コンタクトの管理

ビジネスが成長すると、データベースに登録されているコンタクトの件数も増えていきます。大きな成果を達成するには、コンタクトが自社とどのようなやり取りをして、その結果どのような行動を取ったかを把握することが不可欠です。マーケティング オートメーション プラットフォームを活用して、カスタマージャーニーの状況に関するさまざまな情報を入手し、成長を続けるチーム全体でコンタクトを管理できるようになれば、マーケティングコンテンツのパーソナライズだけでなく、事業の拡大を実現できます。

Mailchimpのマーケティング用CRMには、セグメントやタグを使って顧客へのアプローチを管理できるオーディエンスシステムが含まれています。セグメント機能では、条件を指定してコンタクトを自動でグループに分類できます。また、コンタクトにタグを設定すれば、ブログ記事に「ハウツーもの」などのタグを付けるのと同じように、グループを手動で作成することもできます。Mailchimpの無料ユーザーは、セグメントを作成する際に、条件を5つまで指定することができます。一方、プレミアムプランのユーザーは、高度なセグメント作成機能により、条件を自由に組み合わせてオーディエンスを絞り込むことができます。指定できる条件の数に制限はありません。

HubSpotのマーケティングツールは、ビジネスの成長に貢献するCRMシステムを中心に構築されています。自社とコンタクトのやり取りの全体を把握し、コンタクトの管理方法を細かく調整することが可能です。HubSpot CRMで処理できる情報は、マーケティング活動に関するものだけではありません。たとえば、コンタクトに最近送信したマーケティングEメールが開封されたかどうかを確認したり、ウェブサイト上でのコンタクトの行動や最近実施したセールスコールの結果、コンタクトがサポートチームに提出した未解決のチケットの有無などを追跡したりすることができます。また、HubSpot CRMでは、カスタムプロパティーを好きなだけ作成し、そのプロパティーの値をベースにリストを作成して、あらゆるマーケティングキャンペーンに活用することも、プロパティーを自由に組み合わせて、コンタクトのリストをセグメント化することもできます。リストのセグメント化は、FreeプランからEnterpriseプランまで、HubSpot Marketing Hubのすべてのプランでご利用いただけます。

Scroll to see more
 HubSpot MailChimp
リストやオーディエンスの管理



カスタムのコンタクトプロパティーの作成



フィルターを無制限に組み合わせて適用できる
リストのセグメント化


プレミアム機能

コンタクトの一括更新


インポートでのみ可能

自社とのやり取りの履歴を確認できるタイムライン


制限あり

無料のHubSpot CRMに関する詳細はこちらをご覧ください。

マーケティングオートメーション

marketing automation-2

 

事業の拡大にマーケティングオートメーションは欠かせません。ビジネスが成長していくと、リードナーチャリング(リードの育成)のEメールの定期送信など、これまで手動で処理していた業務に対応しきれなくなります。コンタクトが増えすぎて管理が難しくなるのはもちろん、他にも多くの業務に時間を取られるようになります。そこで、マーケティングオートメーションを導入すれば、顧客とのコミュニケーションのパーソナライズを続けながら、より優先度の高い業務に集中できるようになります。

Mailchimpマーケティング オートメーション ツールでは、コンタクトのさまざまな行動に応じてマーケティングEメールを送信することができます。買い物かごに商品が入ったままになっているのを通知するリードナーチャリング用のEメールから、顧客の誕生日をお祝いするEメールまで、多種多様なEメールがサポートされています。ただし、Mailchimpのマーケティングオートメーション機能で自動化できるのは、Eメールの送信だけです。コンタクト情報の更新や、社内のメンバーへの通知を自動化することはできないので、こうした業務を自動化するツールは、ビジネスの成長に合わせて他に探さなければなりません。

HubSpotマーケティングオートメーション用プラットフォームは、コンタクトの行動に応じたEメールの送信だけに留まりません。Mailchimpではコンタクトの行動に応じたEメールの自動送信やドリップキャンペーンにのみ対応できますが、HubSpotのワークフローツールを活用すれば、コンタクトデータベースの更新や営業チーム内でのリードの引き継ぎ、さらにはサポートチケットの発行まで自動化することができます。さらにタイミングの調整や分岐ロジックの設定もできるので、チームの細かいニーズに合わせてワークフローのカスタマイズが可能です。HubSpotのオートメーションプラットフォームは、Eメールマーケティングだけでなく、社内のあらゆる業務を支援できるようにデザインされています。

Scroll to see more
 HubSpot MailChimp
コンタクトの行動に応じた単独のEメールの自動送信



複数のEメールで構成されるドリップキャンペーン



if/then分岐を設定できるオートメーションロジック


 

社内のメンバーへの通知やタスク割り当ての自動化


 

リード情報の更新とセグメンテーションの自動化


 

コンタクトや企業のプロパティーの更新プロセスの自動化


 

APIによる自動化のカスタマイズ



Marketing Hubでご利用いただけるEメールの自動送信機能や
その他さまざまなマーケティングオートメーション機能の詳細はこちらをご覧ください。

ソーシャルメディアと広告

HubSpot Ad Tool

オーディエンスとの関係を構築するには、ソーシャルメディアでのプレゼンスを高めていくことが重要です。また、広告を活用すれば、検索結果ページだけでなくソーシャルメディアでも、メッセージを発信する対象を細かく絞り込み、リードジェネレーション(リードの獲得)のスピードを速めたり、メッセージやターゲティングの設定を改善したり、コンタクトの育成を目的としたリターゲティングを実施したりできるようになります。

Mailchimpのソーシャル メディア ツールでは、FacebookやInstagramのオーガニック投稿を掲載できます。広告ツールでは、Facebook広告やGoogleのディスプレイ広告を管理したり、レポートでさまざまな指標を確認して、広告の費用と収益を見直したりすることができます。なお、Facebook広告を管理するには、ShopifyやWooCommerceなどのeコマースプラットフォームをアカウントと関連付けておく必要があります。また、Mailchimpのターゲティング機能には制限があります。たとえば、Google 広告のコンタクトリストを使ってオーディエンスを絞り込んだり除外したりすることはできません。加えて、ウェブサイト全体をターゲットとして広告を配信のみ可能で、特定のページを選択してターゲットに指定することはできません。

ソーシャルメディアのオーガニック投稿と有料広告の両方を単一のツールで管理し、チーム全員で取り組みを進めてきたい場合は、 HubSpotが最適です。自社のFacebook、Instagram、LinkedIn、TwitterのアカウントをHubSpotと接続し、各ソーシャルメディアへの投稿のスケジュールを設定すれば、投稿の成果に関するレポートを手軽に作成できます。HubSpotでは、HubSpot内からの投稿も、各ソーシャルメディアでの直接の投稿も追跡しているので、あらゆる投稿の成果をレポートで確認することができます。また、HubSpotとYouTubeのアカウントを接続すれば、自社の動画コンテンツの視聴状況をチェックすることもできます。さらにソーシャルモニタリング機能を使用すれば、自社やブランドにとって重要なトレンドやキーワードを定期的に確認したり、自社の投稿に対するコメントにHubSpot内から直接回答したりすることも可能です。

HubSpotの広告管理ツールでは、Facebook、Instagram、Google、LinkedInの広告キャンペーンを手軽に一元管理できます。ソーシャルメディアのアカウントをHubSpotに接続したら、簡単な操作でサイトにトラッキングピクセルを追加するだけで広告を追跡できるようになります。開発担当者の手を借りる必要はありません。Facebookリード獲得広告やLinkedInリード収集フォームから獲得したリードは、HubSpotと自動的に同期されます。また、CRMの各種データやウェブページのグループ設定によりきめ細かいターゲティングを行い、広告を表示させたい相手をねらって配信することができます。さらにHubSpotの広告管理ツールはCRMと完全に統合されているので、バイヤージャーニーの各ステージで配信した広告がどれだけの収益をもたらしたかをレポートで正確に把握することができます。

 

HubSpotの広告管理ツールでは、広告をクリックしたコンタクトはだれなのか、クリックされた広告はどれか、そしてデータベースに登録されているどのキーワードがコンバージョンの達成につながったのかを正確に把握できます。この情報を基に広告をパーソナライズすることで、広告戦略を次の段階に進めることができました。

Yazz Krdzalic氏

マーケティング担当ディレクター

Trenton Systems

Scroll to see more
 HubSpot MailChimp
ソーシャルメディアへの投稿

Facebook、Instagram、LinkedIn、Twitter

Facebook、Instagram

ソーシャルモニタリング機能


 

投稿のレポート作成

投稿方法によらず、すべての投稿の成果を確認可能

Mailchimp経由の投稿のみ確認可能

Facebook広告、Instagram広告



Googleの検索連動型広告


 

Googleのディスプレイ広告

 


LinkedIn広告


 

ウェブサイトをベースにした高度なオーディエンス作成


 

コンタクトリストからのオーディエンス作成


Facebookのみ

Facebook広告の類似オーディエンス



広告のROIに関するレポートの作成


(eコマースプラットフォームとの連携が必要)

アトリビューションの種類をまたいだレポート作成


 

ランディングページとフォーム

HubSpot Landung Page

 

ビジネスを成長させるには、ブランドのイメージにマッチした、シンプルでわかりやすいランディングページを作成して、コンバージョンを促進することが不可欠です。わかりやすいランディングページを作成すれば、ウェブサイトの訪問者はフォームへの入力やオファーの内容の確認をスムーズに進めることができます。また、リードナーチャリングを効果的に進めるために必要な情報を漏れなく収集できるように、自社や顧客のニーズに合わせてフォームをカスタマイズすることが必要です。

Mailchimpには、ドラッグ&ドロップでランディングページやフォームを作成できる、シンプルなエディターが搭載されています。フォームに入力された内容は、リストに自動的に反映されるため、フォーム送信者へのフォローアップを簡単に行うことができます。

HubSpotでも、ランディングページとフォームを作成できる便利な機能が提供されています。Mailchimpとの違いはツールの柔軟性です。HubSpotのトラッキングコードをサイトに追加することで、フォームツールの種類によらず、データが自動でHubSpotに取り込まれます。また、新規のリードに初めてコンバージョンを達成してもらうことがフォームの目的とは限らないという点を踏まえ、プログレッシブプロファイリングという機能が搭載されています。この機能を有効にすると、サイトの訪問者がデータベースに既に登録されているコンタクトだった場合に、サイトに表示するコンテンツを変更できます。これにより、訪問者がフォームに入力するたびに自社にとって価値のある情報を入手できるようになります。

Scroll to see more
 HubSpot MailChimp
フォーム



ポップアップフォーム



フォームの埋め込み



任意のフォームツールからのデータの収集


外部ツールとの連携が必要

フォームのカスタムフィールド



フォームの非表示フィールド



プログレッシブプロファイリング


 

依存フィールド


 

ドラッグ&ドロップによるページ作成

 


テンプレートやカスタムコードを使用したランディングページの作成


 

カスタムドメインの使用


年額99米ドル

各言語への対応

会社が成長すれば、従業員の数も増えます。最初は1つのオフィスで勤務していたマーケティング部門が、世界各地のオフィスに分散するようになることもあるでしょう。また、従業員によって母語が異なるかもしれません。いずれにせよ、マーケティング戦略を実践していくために使用するツールは、オフィスで使用されている言語に対応していることが理想的です。

Mailchimpは、いくつかの言語でヘルプコンテンツが提供されていますが、ツール自体は英語でしか使用できません。

これに対し、HubSpotはツールとヘルプコンテンツがローカライズされており、チームの成長に合わせて、日本語を含むさまざまな言語でお使いいただけます。

Scroll to see more
 HubSpot MailChimp
Type

ツールの対応言語

ヘルプコンテンツの
対応言語

ツールの対応言語

ヘルプコンテンツの
対応言語

英語





スペイン語



 


フランス語



 


ポルトガル語



 

 

ドイツ語



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本語



 

 

HubSpotでビジネスの成長を実現

HubSpotの機能は、Eメールやマーケティングオートメーションだけに留まりません。ウェブチャット、CMSの統合、SEO対策ツールなど、マーケティング戦略に着手するために必要な機能がすべてそろっており、ビジネスの成長に合わせて導入できる高度な機能も提供されています。営業部門やカスタマーサービス部門にもHubSpotを導入して、すべての部門で1つのシステムを使用するようになれば、カスタマーエクスペリエンス全体をスムーズなものにすることができます。

Scroll to see more
 HubSpot MailChimp
ウェブ チャット ツール


 

プログラム可能なチャットボット


 

Eメールやチャットの受信トレイの統合


 

ブログ


 

ウェブサイト管理


 

SEO対策ツール


 

動画のホスティングと管理


 

チームの階層化


 

ミーティング予約用ツール


 

リードスコアリング


 

営業シーケンスの自動化


 

チケットや取引の自動化


 

セールスプレイブック


 

ナレッジ ベース ツール


 

顧客フィードバックツール


 

ヘルプ デスク ツール


 

HubSpotならサポート体制も万全です

マーケティングオートメーションのご利用経験問わずHubSpotツールを最大限ご活用いただけるよう、必要なリソースを豊富に取りそろえております。HubSpotの経験豊富なカスタマー サポート チームが日本語でビジネスの成長をお手伝いします。また、ご自身でご利用いただける参考資料や学習教材も各種ご用意しております。

HubSpot logo

導入支援

HubSpotからの支援を受けながらマーケティングシステムを構築できます。

HubSpot製品を使いこなせるようになるための技術的な支援と、効果的なマーケティングキャンペーン展開に欠かせないツールやインバウンド手法の活用術を導入支援担当者が提供いたします。

詳細を見る
HubSpot logo

学習センター

インバウンドマーケティングについて気軽に学習できます。

すでに5万人以上のマーケティング担当者が取得しているインバウンド認定に挑戦し、スキルアップとビジネスの成長を目指しましょう。インバウンド認定を取得したら、新たなスキルを習得するためのレッスン、その他Eメールマーケティングやデザイン、コンテンツマーケティングなどの認定コースも受講できます(英語)。

詳細を見る(英語)
HubSpot logo

教室形式のトレーニング

HubSpotとインバウンドマーケティングに関し実践的に学べます。

HubSpotの教室形式のトレーニングは、お客様にあわせて学習内容を策定し、提供いたします。本トレーニングを受講すれば、HubSpotツールの活用法、インバウンドマーケティングのベストプラクティスなどを1〜2日間の短期間で習得できます。
※日本語サービス未提供

詳細を見る(英語)

新規CTA