Logo - Full (Color)
メインコンテンツにスキップ

CMS HubとWordPressの製品比較

企業の「顔」とも言えるウェブサイト。その構築に最適なCMS(コンテンツ マネジメント システム)を選ぶことがビジネスの鍵を握ると言っても過言ではないはずです。ここでは、システム選定時の参考情報として、WordPressとHubSpotのCMS Hubの特徴を分かりやすく対比しながらご紹介します。

CMS Hubの機能を確かめたい場合は、無料の製品デモをご利用ください。

はじめに

CMSやWCM(ウェブ コンテンツ マネジメント)システムに分類されるWordPressとCMS Hubの間には、具体的にどのような違いがあるのでしょうか? WordPressは、カスタム構築のためのプラットフォームとして定評のあるオープンソースCMSです。一方、HubSpotのCMS Hubは、煩雑なウェブサイト管理業務に悩まされることなく、ビジネスの成長につながるキャンペーンや制作業務に専念できるソフトウェアです。

HubSpot

CMS Hubは、クラウドベースのCMS(コンテンツ マネジメント システム)です。マーケティング担当者と開発者が最適なツールを活用して、顧客体験を高める優れたウェブサイトの構築に取り組むことができます。CMS Hubではコンテンツ制作、コンバージョン率の最適化、パフォーマンス情報の確認を、一元的に行うことができます。

WordPress

WordPressはオープンソースのソフトウェアパッケージなので、自社所有のサーバーにインストールして設定作業を行うか、サードパーティー企業によるホスティングサービスを使ってインストールする必要があります。WordPressのインターフェイスには、コンテンツ作成ツールなどの基本機能が用意されていますが、サイトマップやSEO(検索エンジン最適化)、アナリティクス(データ分析)などの機能はプラグインを追加して実現する必要があります。

価格

ここでは、HubSpotとWordPressのそれぞれの費用項目(ウェブサイトの作成、ホスティング、管理)と導入に伴う費用の総額を比較します。


SaaSとオープンソースの比較
CMS HubはSaaS製品のため、月額を月単位または年単位でお支払いいただく費用が設定されています。この固定価格だけで、HubSpotのコンテンツツールに加えて、プレミアムホスティングおよびセキュリティー機能、定期メンテナンスと更新、チャット/電話/Eメールでのサポートをご利用いただけるほか、Eメールマーケティング、SEO推奨機能、ウェブチャットなど、HubSpot CRMプラットフォームで提供される機能を利用できます。また、簡単なエクスポートGitHub(英語)を利用した開発者ワークフローでのバージョン管理、HubSpotからデータを取得するための各種APIを使用して、HubSpotのコンテンツとデータを詳細に管理できます。
オープンソースプラットフォームのWordPressは無料で利用を開始できますが、ウェブサイトの運営は「隠れたコスト」を伴います。ホスティング、セキュリティー、プラグイン、定期メンテナンスなど、ウェブサイトを攻撃から保護するための機能にはコストがかかるため、自社に適したCMSプラットフォームを選定する際に考慮しておいてください。

CMSソフトウェアの費用

Scroll to see more
 HubSpot CMS Hub Starter HubSpot CMS Hub Professional HubSpot CMS Hub Enterprise WordPress
費用項目
ウェブサイト管理の主要機能

月額3,000円(出典

月額48,000円(出典

月額144,000円(出典

無料

ホスティング

CMS Hubの全てのプランのサブスクリプション料金には、プレミアムホスティングが含まれます。この月額は、ページ、ストレージ、トラフィックの件数や量に応じて変動することはありません(出典)。

 

 

例えばWordPressのホスティングプラットフォームとして米国で人気のPantheonの場合、月額50ドル(110円換算で5,500円)のBasicプラン、月額最大1,000ドル(110円換算で110,000円)のPerformanceプラン、カスタムのEliteプランが提供されています。必要なページ、トラフィック、ストレージなどの件数や量に応じてプランを選択します(出典)。

プラグイン

HubSpotでは、650種類以上のアプリやシステム連携が利用可能なので、CMS HubについてもCRMプラットフォーム上でウェブサイトの機能を拡張できます。また、こちらの英文記事で紹介されているWordPressプラグイン機能の80%程度は、CMS Hubに標準で搭載されています。

 

 

WordPressは広範なエコシステムを備えており、58,000種類以上ものプラグインが提供されています。特に人気のプラグイン24種類(英語)をインストールした場合、月額は287.60~1338.23ドル(110円換算で約31,636~147,205円)になります。

セキュリティー

CMS Hubでは、標準SSL証明書、ウェブ アプリケーション ファイアウォール(WAF)、無休体制のセキュリティー監視と脅威検出を利用できます(出典)。

 

 

オープン ソース プラットフォームのWordPressの場合、ウェブサイトの安全性を確保することはお客さまの責任となります。セキュリティー料金は、月額16.67~41.67ドル(110円換算で約1,834~4,584円)に上ります(出典)。

メンテナンス、更新、サポート

SaaS製品のCMS Hubでは、バックエンドのメンテナンスと更新はHubSpotによって行われます。ウェブサイトに関してご不明な点がある場合は、サポートチームが日本語で丁寧に対応いたします。

 

 

社内にウェブサイトのメンテナンスと維持管理を行う専任チームがない場合は、ウェブサイトの定期メンテナンス作業を外部に委託する必要があります。その場合、企業ウェブサイトの規模と複雑さに応じて、月額100~4,500ドル(110円換算で11,000~495,000円)の費用が発生します(出典)。

合計
1年間に必要な推定総額

36,000円

576,000円

1,728,000円

5,451~82,558ドル
(110円換算で599,610~9,081,380円)

機能

ウェブサイトは、シームレスなデジタル体験を提供する上で最も重要なビジネス資産と言えます。顧客にバイヤージャーニーの次のステージに進んでもらうだけでなく、顧客と接する社内のあらゆる部門にとってもビジネスの成長に不可欠なツールとして機能しなければなりません。主なCMS機能について、CMS HubをはじめとするHubSpot CRMプラットフォームの構成製品とWordPressとの比較をご確認ください。

  • CMS HubはG2などのレビューサイトで、中規模企業向けのCMSとして高く評価されています。ページの作成や修正、要素の追加といったレイアウト操作をドラッグ&ドロップで簡単に行うことができ、テーマは数千種類の中から選ぶことも新規に作成することも可能です。CMS Hubはデジタルの世界でシームレスな顧客体験を醸成できるだけでなく、マーケティング、開発、ITといった各部門のニーズに応えられる拡張性を備えています。CMS Hubの基盤としてHubSpot CRMという一元的なデータベースが実装されているため、顧客体験の向上に必要なさまざまなデータの利用も簡単です。CMS Hubのブログおよびランディングページ作成ツールも同様に使いやすく、トラフィックを簡単に増やしてリードの創出につなげることができます。 


    WordPressは、CMSの分野では知名度が非常に高く、インターネット全体のウェブサイトのうち、約30%のホスティングにWordPressが利用されているという最近の調査結果もあります。WordPressを使用すると、テキストベースのコンテンツを簡単に作成できます。ただし、さらにレイアウトを変更するには、他のリソースやテンプレートが必要になる場合があります。ウェブサイトの成果を向上させるためには特殊なページも欠かせませんが、その作成には技術的なスキルが要求されるものもあります。また、ソフトウェアを追加して、A/Bテストを実施したり、ウェブチャットを設置したりする場合には、プラグインの追加やそのようなサービスのサブスクリプション契約も必要です。こうしたコストは、WordPressを使ったウェブサイトにおいて安全性と表示速度を維持し、基本的な機能に必要なプラグインを実装するための「隠れたコスト」と言えます。
    JP Hero Image JA

     

  • CMS Hubには、優れたSEO推奨(アドバイス)ツールのほか、ブログやランディングページ、ウェブサイトの制作に役立つオンページSEOツールが組み込まれています。また、コンテンツ戦略ツールを使用すれば、検索エンジン向けに最適化してコンテンツを構築できます。さらに、Google Search Consoleとのネイティブ連携により、GoogleのデータをSEO対策に直接活用することも可能です。

     

    WordPressにはSEO機能が搭載されていませんが、SEOに役立つ多数のプラグインが有料または無料で利用できます。ただし、組み込むプラグインの数を増やすと、ソフトウェア管理の労力やコストに加えて、メンテナンスやセキュリティー面の懸念も増すことになります。

    SEO JA HERO

     

  • インターネット上には膨大な数のブログが公開されていますが、ウェブサイトを活用した長期的な集客と顧客化にとって、優れたコンテンツの提供が有効なことはこれからも変わりません。初めて訪問してくれた人を顧客へと転換するためには、魅力的で役に立ち、良好な関係の構築につながるコンテンツが必要です。つまりCMSを選ぶ際には、ブログ記事の作りやすさだけでなく、検索エンジンを通じた集客を最適化しやすいかどうかも重要な判断基準になります。

    ブログ作成用ソフトウェアとして生まれたWordPressは、コンテンツ管理に必要なあらゆる機能を備えたCMSへと進化してきました。ブログの作成には、WordPressが提供しているテーマを使用できます。ただし、テーマやテンプレートによっては、レイアウトの変更や編集を開発者に依頼した方がよい場合があります。そのため、サイトを修正するたびに開発者に頼らなければならないことも少なくありません。また、ブログ記事のSEO対策を行う場合にはプラグインのインストールが必要で、セキュリティー上のリスクが懸念されます。


    これに対しマーケティング担当者向けに開発されたCMS Hubでは、操作しやすいユーザーインターフェイスでブログ記事の作成からSEO、投稿、成果分析に至るさまざまな作業を一元的に行うことができます。CMS Hubには、モバイルデバイスでの表示を最適化する機能や、ブログ記事のSEO機能が標準で用意されているので、プラグインや他のソフトウェアを追加する必要はありません。

    スクリーンショット 2020-04-03 17.18.35

     

  • CMS Hubには、ウェブサイトのパフォーマンスを測定して、ウェブサイトのROI(投資収益率)を把握するために必要なアナリティクス機能が含まれています。さらに、CMS HubはHubSpot CRMと統合されているため、高度な分析や意思決定に役立つデータを引き出すことができます。例えば、特定のページの閲覧者、コンテンツをダウンロードした人、ウェブチャットでやり取りしたりした人などのコンタクトリストを作成することも簡単です。ビジネスの成長に合わせてさらに高度なレポートを活用できます。


    WordPressの一部のプランには、コンテンツの基本的なパフォーマンス指標(ページ閲覧数など)を確認できるレポート機能が含まれています。しかし詳細な分析には、別のソリューションを導入する必要があります。WordPressを使用しているマーケティング部門では、有料のデータ分析ツールやGoogleアナリティクスを追加し、各システムを個別に管理することが一般的です。このようにシステム間の連携が不十分な場合、データの孤立を招き、意思決定の参考になるデータも不足して全体像の把握が難しくなります。WordPressをCMSとして使い続けたい方には、HubSpot for WordPressプラグインをお薦めします。アナリティクスやフォーム、ウェブチャットなどの機能をご利用いただけます。

    スクリーンショット 2019-12-20 13.26.18

     

  • CMS Hubには、ホスティングおよびセキュリティーのプレミアム機能が標準で搭載されています。コンテンツの配信をSaaSソリューションのCMS Hubに任せることで、お客さまは顧客体験の提供に専念できます。標準SSL証明書、ウェブ アプリケーション ファイアウォール(WAF)、世界各地に広がるCDN、無休体制のセキュリティー監視と脅威検出により、ウェブサイトを悪質な攻撃から保護できます。CMS Hubの詳細については、こちらのページをご覧ください。

    オープンソースプラットフォームのWordPressには、CMS Hubのような標準のセキュリティー機能は含まれないため、ウェブサイトの速度や安全性、信頼性はお客さまが自分で確保する必要があります。そのためには複数のツールを導入することに加えて、ウェブサイトの維持管理にも時間と労力がかかるため、顧客向けの優れたウェブサイトの構築に専念できなくなります。また残念ながら、WordPressプラットフォームの拡張プラグインをウェブサイトへの攻撃に悪用する事例(英語)も頻繁に報告されています。WordPressを使用する場合、ウェブサイトの構築とメンテナンスに細心の注意を払わなければ自社と顧客の両方が危険にさらされるおそれがあります。 

     

  • CMS HubはHubSpot CRMプラットフォームの構成製品の1つであるため、シームレスなデジタル体験を提供して顧客満足度を高めるために必要なツールが標準で搭載されています。さらにHubSpotのCRMプラットフォーム全体は、ゼロから自社で開発されています。このため操作性が一貫しており、データ、レポート、および個々のツールは全て同じように操作できます。また、相互の連携も可能です。 


    WordPressはオープンソースのため、企業がデジタル体験を構築するには、各種プラグインやソリューションを組み合わせる必要があります。拡張プラグインの開発元はそれぞれ異なるため、複数のツールを連携させてビジネスに価値をもたらすためには、カスタム開発が必要になります。これはWordPressを導入する上で障壁となるだけでなく、ビジネスの成長に合わせてWordPressを拡張することも難しくなります。 

CMS Hubのメリット

ここではCMSに求められる機能性について検討します。マーケティングに最適なCMSを選ぶに当たって、まず表示速度、安全性、安定性の面で十分な性能を備えているかどうかを考慮しなければなりません。こうした点について詳しく見ていきましょう。

表示速度

閲覧者はウェブサイトがすぐに読み込まれることを期待しているので、読み込みに時間がかかれば他のウェブサイトに移動してしまいます。Googleは、読み込みが3秒以内に終わらない場合にそのウェブサイトを離脱する訪問者の割合は、53%に及ぶと指摘しています。CMSやホスティングサービスを選ぶに当たっては、自社のニーズに十分な通信速度が得られることと、ビジネスの成長に対応可能なインフラストラクチャーが確保されていることを確認しましょう。

安全性

マーケティング担当者にとっては、ユーザーのデータの安全性を維持し、自社のブランド価値と社会的な評価を守ることが重要です。CMSの採用を決める前に、他のマーケティング担当者の声を聞いたり、レビューを確認したり、サイバー攻撃への対応状況について調べたりしましょう。

安定性

企業にとって自社のウェブサイトが停止することは、収益の低下やビジネスチャンスの損失を意味します。代表的なCMSは、信頼性の指標として稼動率に関する情報を公表しています。HubSpotでは、99.999%の稼動率を達成しているほか、CMS Hubで運用されるウェブサイトの表示速度、安全性、信頼性を向上させるためのチームが常時対応に当たっています。

思い描いたものをそのまま形に

充実した開発者向けドキュメント、活発な開発者コミュニティー、HubSpot CRMプラットフォームに組み込まれたデータなど、CMS Hubでのウェブサイト構築は、発想次第で活用の幅が広がります。他のお客さまによるCMS Hubの活用事例(英語)や、開発者向けドキュメントをご覧ください。

お客さまの声

HubSpotは、G2の2021年度のソフトウェアベンダーの上位100社に選ばれ、Best Software Awardsを受賞しています。

  • WordPress上に構築したウェブサイトは複雑化し、あるページを少しでも変更すると、他の5つのページが勝手に変更されるような状態でした。CMS Hubを使用すると、文字通り数分で更新作業を完了できます。ようやく本当のウェブサイト管理が実現したと感じています

    Joelle Palmer氏

    デジタル マーケティング マネージャー

    Apptega

  • CMS Hubには非常に使いやすい機能が最初からそろっています。他のCMSの場合は連携が不十分で、開発に必要な機能をすぐに利用できないこともありますが、CMS Hubは操作が分かりやすく、現代のウェブ開発に必要な機能性と柔軟性を兼ね備えています

    Matt Fregoe氏

    シニア ウェブ デベロッパー

    New Breed Marketing

  • CMSの選定に当たり、当社が作りたいのは宣伝の場なのか、それとも訪問者のためのコンテンツライブラリーを提供し続ける場なのか、ウェブサイトのあり方を振り返ってみる必要がありました。CMSを積極的に活用する企業にとって、CMS Hubが最適なソリューションであることは間違いありません

    Hunter Gorman氏

    事業担当ディレクター

  • tim_ryan
    私がマーケティングのプロフェッショナルとしてこれまでに下した意思決定の中で、特に優れていたと言えるのは、当社YouEarnedItが「職場での幸福度」を向上させられるように、HubSpotへの移行に踏み切ったことです。サポート体制、トレーニング、アカウント管理など、HubSpotに関連する体験の全てが期待以上のものでした

    Tim Ryan氏

    製品マーケティングおよび需要創造型マーケティング担当ディレクター

    YouEarnedIt

  • D_bates_headshot2
    HubSpotを導入すれば8~10種類の便利な機能が手に入るというメリットがありました。こうした機能を実現するためにコンサルタントと契約したり、追加のソフトウェアを購入したりしていれば、費用が10倍以上に膨れ上がっていたでしょう

    Deborah Bates氏

    マーケティング シニア プロジェクト マネージャー兼ビジネスアナリスト

    ABBYY

プラグイン不要でアプリの連携と拡張が可能

ウェブサイトをさらに強化するために、さまざまなコンテンツ管理用アプリを利用することができます。アプリマーケットプレイスを見る →

WordPressからHubSpotへの移行

古いウェブサイトを単にHubSpotプラットフォームにコピー&ペーストするのではなく、お客さまがビジネス目標を達成できるように、移行したウェブサイトの最適化を支援します。プラットフォームの移行方法にかかわらず、HubSpotを最大限に活用できるようにカスタマー サクセス チームがお手伝いいたします。

ウェブサイト全体をHubSpotに移行する準備ができていなくても問題ありません。企業ウェブサイトとは別に、重要なマーケティング活動のマイクロサイトを素早く構築する際に、CMS Hubを活用して優れた成果を収めている企業もあります。

HubSpot_99taxi_1993

最適なパートナーを見つける

ウェブサイトの構築に関する支援が必要な場合は、ウェブデザインを専門とする世界中の2,000社以上の認定パートナーと認定プロバイダーにご相談ください。深い専門知識を生かして、CMS Hubによる高度なウェブサイトの構築を支援しています。

パートナーを探す
AI搭載のチャットボットを使用してオンラインショッピングを行うユーザー

ウェブサイトのプラットフォーム移行

既存のウェブコンテンツをHubSpotに移すことをご検討の場合は、HubSpotの移行サービスをご利用ください。専任の担当者がHubSpotへのコンテンツの移行と最適化を支援いたします。

詳しくはこちら
best-storyboarding-software

アセットマーケットプレイスの活用

マーケットプレイスで公開されているテーマは、そのまま使用することも、HubSpotの開発者向けドキュメントを参照しながらカスタマイズすることもできます。HubSpotでのカスタムサイト構築に際し、カスタマー サクセス マネージャーやサポートチームにご相談いただくことも可能です。

テーマを探す(英語)

柔軟性と機能性を高い次元で両立

HubSpotのCMS Hubを活用してウェブサイトを効率的に運営し、現在の顧客の期待に応えるシームレスなデジタル体験の提供に注力しませんか?

10万社以上のお客さまが、HubSpotを活用して顧客視点のマーケティング活動を広く展開しています。その理由をぜひお確かめください。
Smiling Person