Logo - Full (Color)
メインコンテンツにスキップ

Commerce Hub

商談から収益獲得までのプロセスを合理化し、迅速な代金回収、収益向上、業務効率化を実現しましょう。従量課金制なので、追加の月額料金は発生しません。
※現在米国に本社を置くお客さまに限定してご提供しています。

  • 決済リンク、見積書、請求書などの収益関連ツールとHubSpotまたはStripeの決済機能を使って迅速に代金を回収

  • 使いやすく、高機能なB2B決済機能を活用して顧客満足度と収益を向上

  • サブスクリプション契約や顧客情報をオールインワンのCRMで管理して時間を節約

  1. HubSpotのカスタマープラットフォームでデジタルコマースに対応

    HubSpotのスマートなCRMの機能を活用すると、カスタマープラットフォーム上でデジタルコマースのプロセスを進めることができます。見積もり、決済、レポート、顧客データの全てを一元管理することにより、必要となるあらゆるデータの可視化や自動化が可能となり、ビジネスの成長が実現されます。Commerce Hubを導入して商取引の処理負担を大幅に軽減しましょう。

  1. 迅速に代金を回収

    請求書、決済リンク、見積書などの収益関連ツールをCRMと組み合わせて、売上回収にかかる期間を短縮しましょう。

    HubSpotの決済機能とStripe連携のいずれかを選んでご利用いただけます。顧客にとっても使いやすい、卓越したB2B決済ツールです。
  2. 収益を向上

    サブスクリプションモデルを採用して経常的な収益源を拡大するには、定期的に発生する支払いを回収し、契約状況を管理し、レポートを作成することが重要です。Commerce Hubなら、契約更新のチャンスを逃さず、商取引の負担が軽減されます。
  3. 自動化とレポート作成で時間を節約

    請求処理を自動化して代金の回収にかかる手間を解消すれば、手作業の時間を大幅に短縮できます。

    便利で使いやすいカスタムレポートを作成し、収益や顧客数の増加を確認しましょう。
  4. 決済情報をサードパーティーツールと同期

    QuickBooks、NetSuite、Xero、Chargebeeなど、お使いの会計・経理ソフトウェアと連携できます。Quickbooksをご利用なら、HubSpot経由で回収した支払いの明細をQuickBooks Onlineのアカウントに同期して、照合を効率化することが可能です。お客さまのニーズに応じて、支払い済みの領収書または支払い済みの請求書と支払い明細を同期できます。

ご不明な点がございましたら詳しくご紹介いたします。お気軽にお問い合わせください。

03-6863-5389

よくあるご質問

  • Commerce Hubは、カスタマープラットフォーム上に構築された、B2B取引のための使いやすいコマース支援ソフトウェアです。商談から収益獲得までのプロセスを合理化し、迅速な代金回収、収益向上、時間節約を実現できます。

    StripeおよびQuickBooksと接続することで、お使いの決済手段や会計・経理ツールと組み合わせて活用できます。

  • Commerce Hubでは無料で使える機能に加え、他のHubSpot製品と組み合わせることで利用できる機能も提供されています。 

    次の機能は、他のHubSpot製品のご契約不要でご利用いただけます(なお、Stripeアカウントの連携が必要になります)。

    次の機能をご利用になる場合には、他のHubSpot製品のご契約が必要となります。

    • 電子署名(Sales HubのStarterエディション以上が必要)
    • HubSpotによる決済処理(現在は米国に本社を置く企業のみ利用可能。任意のHubSpot製品のStarterエディション以上および申請への承認が必要)
    • カスタム請求の自動化(Marketing Hub、Sales Hub、Service HubのいずれかのProfessionalエディション以上が必要)
    • シンプルな収益レポート(任意のHubSpot製品のStarterエディション以上が必要)
    • カスタムの収益レポート(任意のHubSpot製品のProfessionalエディション以上が必要)

    Commerce Hubの機能や制限事項、利用要件の詳細については、HubSpot製品・サービスカタログをご覧ください。

  • HubSpotは簡単に導入できるコマース機能の提供を目指し、その一環として、お客さまがお使いの会計・経理システムと連携しやすくすることが重要であると考えています。 

    現在はQuickBooksとのネイティブ連携をサポートしており、照合やレポート作成を簡単に行うことができます。また、入出金の明細をCSVファイルにエクスポートでき、照合に便利です。

  • Commerce Hubの機能を使用するに当たって、月額定額のSaaSサブスクリプション料金はかかりません。従量課金制のサービスであるため、Commerce Hubの機能を通じて代金を回収した取引に対してのみ料金が発生します。

    HubSpotの決済機能を使用した場合、クレジットカード払いは一律で2.9%、ACH決済は1%(最大10ドル)が料金として請求されます。

    Stripeとの連携を利用した場合、取引当たり1%のプラットフォーム使用料が加算されます。それ以外に、Stripeとの契約に基づく手数料のお支払いも必要です。

    例えば、Commerce Hub経由で1,000ドルのクレジットカード決済を行った場合は次のようになります。

    HubSpotの決済機能を使用して代金を回収した場合、29ドルの料金を当社にお支払いいただきます。

    Stripeとの連携を通じて代金を回収した場合、Stripeの手数料に加えて、10ドルの料金を当社にお支払いいただきます。

    発生する料金はこれだけです。決済機能を使用していない場合や、追加の機能を使用する場合でも、Commerce Hubの課金の対象にはなりません。

  • 主な機能としては、単発または定期的な請求の決済リンク、請求書、サブスクリプション管理、B2B決済などの収益関連ツールが挙げられます。また、HubSpotの決済機能とStripe連携を任意でお選びいただけます。QuickBooks Onlineをお使いの場合は、HubSpotが提供するQuickBooksとの連携を利用して請求書、顧客、製品のデータを同期できます。

  • 2023年9月5日現在、米国に本社を置き、HubSpotの無料ツールまたは有料エディションを利用されている企業に限定してCommerce Hubをご提供しています。

    今後数か月のうちに、提供地域を拡大する予定です。米国以外のお客さまでCommerce Hubに関心をお持ちの場合は、HubSpotのStripe連携の利用申し込みをお送りください。お客さまの地域で提供が開始されましたら、ご連絡させていただきます。