Logo - Full (Color)

マーケティングコンタクト

マーケティング活動に必要なコンタクトだけがお支払いの対象に。それ以外のコンタクトは最大1,500万件を無料で保存できます。
HubSpot_99taxi_0333
Mkt-Contact-Hero-JP

 

コンタクト数を必要に応じて的確に管理

2-1

必要なコンタクトにだけ予算を投入

本来、CRMにはマーケティング活動の対象にならない連絡先情報も保存しておけると便利ですが、例えばマーケティングEメールが配信エラーや配信解除になっているコンタクト、パートナー、営業担当者、さらには単発のサービスを利用した客先担当者に至るまで、企業が扱うコンタクトの種類は多岐にわたります。このようにコンタクトは組織の成長に伴って増えていきますが、コンタクトの増加がシステムの利用金額に大きく影響することは望ましくありません。

そんな課題を解決すべく、今後HubSpotではコンタクトの種類に応じた柔軟な価格体系をご利用いただけるようになります。マーケティングEメールの送信や広告表示の対象となる「マーケティングコンタクト」にだけ予算を集中させ、マーケティング対象外のコンタクトは最大1,500万件を無料で保存することができます。

3-1

マーケティングの対象にするコンタクトを簡単に設定

すべてのコンタクトを手作業で分類する必要はありません。現在Marketing Hubをご利用いただいているお客様は、マーケティングコンタクトの判定フローを使って簡単にマーケティングコンタクトを特定することができます。例えば、Eメールの配信エラーや配信解除になっているコンタクトのリストを自動作成し、カスタムフィルターや独自のリストを追加することも可能です。また、HubSpotの導入をご検討中のお客様もご安心ください。HubSpotの導入や利用を進めながらマーケティングの対象にするコンタクトを指定することができます。

簡単な設定変更やシンプルなワークフローを活用すれば、フォームの送信や機能連携によって登録される新しいコンタクトを自動でマーケティング対象に分類できます。

マーケティングの対象にするコンタクトは月ごとに変更できるため、ビジネスの変化に合わせた柔軟な運用も可能です。

4-1

成長の可能性を押し広げる柔軟なコンタクト管理

マーケティング対象外のコンタクトは無料で最大1,500万件を登録することが可能で、社内のあらゆる部門でさまざまな目的にご活用いただけます。複雑なシートやデータベースを使って別途コンタクトを管理する必要がなくなり、すべてのコンタクトをHubSpot上で効率的に管理できます。

さらにマーケティングコンタクトの「コンタクトの単位」という仕組みによって、想定されるマーケティングコンタクトの増加に備えて余裕を確保しておくと、マーケティングコンタクト数の上限を心配しすぎることなく一貫した顧客体験の提供に注力していただけます。

また、今回の新しい価格体系は、組織の規模拡大に伴ってコンタクトの単価が低減する、スケールメリットを得られる設定になっています。

コンタクトプランの比較

Starter

Professional

Enterprise

Marketing Hub(マーケティングコンタクトの機能あり)
価格(年間割引適用前の月額)
6,000円
106,800円
384,000円
月額に含まれるコンタクト数
1,000件
2,000件
10,000件
コンタクトの単位
1,000件
5,000件
10,000件
コンタクト追加料金
6,000円/1,000件
30,000円/5,000件
12,000円/10,000件
Eメールの送信数
マーケティングコンタクト数の5倍
マーケティングコンタクト数の10倍
マーケティングコンタクト数の20倍
Marketing Hub(マーケティングコンタクトの機能なし)
価格(月額、年間割引適用)
6,000円
96,000円
384,000円
月額に含まれるコンタクト数
1,000件
1,000件
10,000件
コンタクトの単位
1,000件
1,000件
1,000件
コンタクト追加料金
6,000円/1,000件
6,000円/1,000件
1,200円/1,000件
Eメールの送信数
コンタクト数の5倍
コンタクト数の10倍
コンタクト数の10倍

よくあるご質問(FAQ)

ご不明な点がございましたら、以下のよくあるご質問をご参照ください。

この新しい価格体系では、必要なコンタクトを「マーケティングコンタクト」として設定できます。設定したマーケティングコンタクトは、有料コンタクトティアに含まれるコンタクトとしてカウントされ、マーケティング活動のEメールおよび広告の対象にすることができます。逆に、コンタクトを「マーケティング対象外のコンタクト」に設定することもできます。マーケティング対象外のコンタクトは、CRMデータベース上に無料で最大1,500万件保存できますが、マーケティングEメールおよび広告の対象にすることはできません。

現在Marketing Hubをご利用いただいているお客様がマーケティングコンタクトを含む新しい契約にお切り替えになる場合には、ご契約の切り替え前に「マーケティング対象外コンタクト」として設定するコンタクトをお選びいただくプロセスがあります。

10月21日以降にMarketing Hubを初めてご契約いただく新規のお客様については、ご利用の開始時点ではすべてのコンタクトが自動的に「マーケティング対象外」に設定されます。必要に応じて「マーケティング対象」に変更していただけます。

なお「対象外」から「対象」への変更は随時行うことができますが、「対象」から「対象外」への変更は翌月に反映されます(また、コンタクトティアのダウングレードは次回の契約期間まで適用されない点にもご注意ください)。