Logo - Full (Color)

【2020年版】法人営業とインサイドセールスに関するデータ集

HubSpot Japan実施『日本の営業に関する意識・実態調査』より
190320hbs62809f

日本社会の大きな課題となっている「働き方改革」や「生産性向上」。多くの企業の営業組織もこの例外ではありません。
そんな中、「電話・Eメール・DM・ビデオ会議などを用いた非訪問型営業」である「インサイドセールス」という言葉が注目を集めており、Google トレンドを見ると過去5年間でこのキーワードの検索ボリュームが増えてきていることがわかります。

このたびHubSpot Japanは『日本の営業に関する意識・実態調査』 と題して、経営陣と営業担当者、そして営業アプローチを受ける「買い手」それぞれの目線からインサイドセールスの導入をはじめとする日本の法人営業組織の実態を明らかにするための調査を行いました。このページでは、当該調査から得られたデータをテーマごとに分類してご紹介いたします。

【調査実施概要】
  • 調査企画:HubSpot Japan株式会社
  • 調査実施:株式会社マクロミル、およびHubSpot Japan株式会社
  • 調査対象:経営者・役員515名、法人営業担当者515名、ビジネスシーンで商品やサービスの買い手となる経営者・役員・会社員 計310名
  • 調査方法:オンライン上でのアンケート調査
  • 実施期間:2019年10月18日〜2019年10月24日
  • 調査地域:日本全国

※調査結果は、単数四捨五入の関係で合計が100%にならない場合があります