マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションを正しく理解するには何が必要か

耳にしたことはあるはずです。多くのマーケターが虜になったことも知っているでしょう。しかし、つまるところ...

マーケティングオートメーションとは何なのでしょうか?

マーケティングオートメーションとは、マーケティング活動の自動化を目標とするソフトウェアのことです。反復性のあるEメールやソーシャルメディア、ウェブサイトでのアクションなどのタスクを自動化し、効率化を図る必要があるケースが増えてきています。マーケティングオートメーションのテクノロジーは、こうしたタスクの実行の手助けを可能にします。

good-marketing-automation

マーケティングオートメーションの理想

申し分のないマーケティングオートメーションとは、企業がAmazonのように売買することを可能にするソフトウェアであり、戦術です。つまり、見込み客を顧客に転換し、顧客をさらに満足度の高い顧客に変える力を持つパーソナライズされたコンテンツを活用して、見込み客を育成できるようにします。概して、このようなマーケティングオートメーションは、企業に新たな大きな収益をもたらし、必要な投資から良好なリターンを獲得します。

マーケティングオートメーションは、ごく簡単なマーケティング手法とは言えないまでも不可能なことではありません。植物を育てる場合を想像してください。まず、その成長のために腐葉土が必要です。次に、育てる植物の種が必要で、最後にその種を発芽させ花を咲かせるために水と光が必要です。

誰でもできるとは言えないまでも、不可能なことではありません。このように、優れたマーケティングオートメーションは、植物を育てるのとよく似ています。最終的に、見込み客(植物の種)が実際に購入する顧客(葉を付けて大きく成長した植物)になるまで十分に育成できれば成功です。

 

BadPlant-19-1

マーケティングオートメーションの現実

しかし、「マーケティングオートメーション」という言葉は、安易な流行語になってしまいました。マーケターは、マーケティングオートメーションソフトウェアに、成長に必要なデジタルマーケティングツール(リードジェネレーションのツールなど)が残らず含まれると思い込み、惹きつけられてしまったのです。

この誤解により、多くのマーケターはファネルの中間段階を自動化する高度なツールを手にしたものの、そもそも育成すべき新規の見込み客を洗い出すためのソリューションがないという状況に陥りました。

その結果、マーケターはインバウンドの見込み客を獲得する代わりに、Eメールアドレスリストを買い始めています。応急措置のようですが、長期に有効なソリューションではなく、将来の顧客と長く健全な関係を築ける土台となるようなものでもありません。

植物のたとえで言うなら、化学肥料や成長促進剤で植物の成長を早めるようなものです。確かに応急措置としては良いかもしれませんが、将来の長期にわたる成果は得られません。簡単な措置には違いないとしても、長期に成果が上がるとは期待できないのです。

事実、マーケティングオートメーションへの投資は多くが失敗に終わっています。 

成功を育むにはどうすればよいでしょうか? よいマーケティングオートメーションとは、自社導入が適切かどうか、正しい導入の仕方を説明します。

マーケティングオートメーションに関するブログはこちら

マーケティングオートメーションの効率化に必要なトリガーメールとは?

マーケティングオートメーションを起点となる”トリガーメール”。トリガーメールの基本的な使用方法を解説しています。

マーケティングオートメーションでEメールワークフローを活用する13の方法

トピック別、新規カスタマー用、社内営業担当者専用、イベント用など様々な活用方法と具体例をご紹介しています。

マーケティングオートメーションに関する5つの危険な誤解と現実

マーケティングオートメーションにつきまとう誤解と現実とは。多くのマーケティングオートメーション導入企業がなぜツールを使いこなせないかを解説しています。

マーケティングオートメーションに関するブログはこちら

マーケティングオートメション〜実践ガイド〜

HubSpotを用いて、見込み客を高度に理解し、より多くの顧客化を行いませんか?このeBookではマーケティングオートメーション戦略を最適化するかについてご紹介しています。

The Science of Marketing Automation

The Science of Marketing Automation is a free Webinar hosted by marketing scientist Dan Zarella.

Marketing Automation RFP Kit

Evaluating marketing automation or marketing software? This free guide and RFP template will help you identify a qualified vendor to meet your needs.

マーケティングオートメーションに関するよくある質問はこちら

 

なぜマーケティングオートメーションは中途半端に終わるのか?

ファネルマーケティングオートメーションの中間段階を支えるトップファネルの基盤がない場合、見込み客を顧客まで育むための土壌がないままマーケティングオートメーションに投資していることになります。新しい見込み客がファネルを最初から最後まで安定して流れなければ、マーケターは優れたマーケティングオートメーションに欠かせない材料を供給できません。

あまりに多くのマーケターがインバウンドの見込み客獲得のための戦略を持たないまま、データベースに既に収められた市場のわずかな数の見込み客をすべての見込み客とみなし、そこからさらに多くを絞り取ることばかりに時間を費やしています。そうしている間に、競合他社は市場にまだ残されているものから99.99%を得ようとやっきになっています。収益の目標を達成するうえで必要な既存の見込み客が、あなたのデータベースに既に全員含まれているでしょうか? また、あなたが市場に占めるシェアは妥当なものでしょうか?

意味のある結果を得るために、常に労力が欠かせないとしたら効率的とは言えません。優れたマーケティングオートメーションなら、正しく運用すれば時間、労力、リソースを使って収益を一貫して伸ばします。たとえデータベースに質の高い見込み客が豊富に含まれていたとしても、そういった見込み客を残らず顧客に変換したとき、すなわちデータベースが(ブログ購読の解除、転職、その他のさまざまな要因によって)年間23%の割合で劣化を始めたとき、マーケティングオートメーションは効力を発揮できるでしょうか。

「Amazonみたいな」マーケティングオートメーションのワザをマスターしようと時間と労力を費やしたとしても、購入を働きかける十分な数の見込み客がいなければ、多くのマーケターはマーケティングオートメーションへの投資から満足に程遠いROIしか得られないでしょう。

その結果、スパムまがいの見当違いの自動メッセージのドアを開くことになります。マーケティングオートメーションから最終的な収益へのプラスの効果を引き出すには見込み客が多数含まれるデータベースが必要なことに気が付いた多くのマーケターは、いずれマーケティングオートメーションで見込み客を育成するために顧客リストを買うことになります。

リストを買うとどうなるかは一口には語れませんが、最も重要なポイントは、このようなスパムまがいの戦術はROIを驚くほど低下させることです。そういったリストを買うコストに加え、あなたに情報の提供を求めた覚えのない人々に歓迎されないEメールを送信することは誠実なことではなく、あなたのIPアドレスの評判も損ない、Eメールの配信可能率を低下させることになります。

マーケティングオートメーションがひとつのチャネル(たいていはEメール)に制限される場合、「Eメールは効果がない」と言えばウソになりますが、リストに記載されたコンタクトとの唯一の連絡手段としてEメールを使うのは、あなたのビジネスと見込み客の利便性の双方にとってマイナスです。

ダイレクトメールがメールボックスに絶えず流れ込むので、フィルターを設定したり、無関係のメッセージを潜在意識で無視したりして、こうしたメッセージの多くがブロックされるようになっています。こういった人々は代わりにGoogleで検索したり、知人にお勧めを尋ねたりします。ソーシャルメディアのコミュニティでアドバイスを求めたり、ウェブサイトを訪れて問題の解決に役立つソリューションがないか探すこともあります。

このような見込み客とEメールだけで通信するなら、意思決定プロセスのさまざまな段階で複数のチャネルから見込み客にリーチする機会を失うだけでなく、見込み客がニーズや関心事を明らかにする多くの行動データポイントも無視することになります。

ソーシャルメディアやウェブサイト、または見込み客が利用するコンテンツなど、あらゆるマーケティングチャネルを対話に活用しないのは、見込み客の声を時間にして30%しか聞かないのも同然です。販売担当者に電話をかけたときに、肝心の質問には答えず、こちらの希望を無視して、ただ用意された文書を読み上げるばかりだとしたら、どうでしょうか。そんな会社から商品を買うでしょうか?

「悪い」または「良い」マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションキャンペーンは、機能と効果という点において、あらゆることを実行できます。ここでマーケティングオートメーションのアプローチが効果的ではないケースを紹介し、どのようなアプローチを選べばマーケティングオートメーションへの投資から最大のROIを引き出せるのか説明します。

よくあるマーケティングオートメーションの利用のされ方は、かなり限られたアプローチであることがあります。多くの場合、Eメールが開かれたり、メッセージのリンクがクリックされるなどの時間差のある操作に基づいてEメールがトリガーされます。しかし、Eメールがクリックされるのを待つだけで、消費者のニーズにアピールする見込み客育成戦略をうまく展開できるでしょうか?

このようにマーケティングオートメーションを限定すると、見込み客が誰で、ファネルのどこに存在し、何に関心を持つのかをとらえることができません。これではEメールの操作だけに頼る自動化されたキャンペーンから、貧弱な基盤しか得られず、見込み顧客に不快感を与える結果にしかなりません。

インバウンドのマーケティングオートメーションは、見込み顧客を中心に展開します。このタイプのマーケティングオートメーションは、ある個人の希望やニーズを理解するためにその個人に関してわかっている情報を総動員し、その個人が購入の決断に必要とする情報を、その情報が必要とされる瞬間に、その個人がそれを探し求めている場所で提供します。

見込み客や顧客に歓迎されるマーケティングオートメーションは、ニーズの変化や、Eメールに限定されないあらゆるマーケティングチャネルにおける行動と対話を考慮に入れます。ソーシャルメディアでのクリック操作や価格を表示するページの閲覧、特定のコンテンツ要素の消費など、複数のチャネルでの行動を入力として使うと、見込み客が求めるものとその人達をファネルの次の段階にどう案内すればよいかを完全に理解するのに欠かせないコンテキストが得られます。

優れたマーケティングオートメーションなら、複数のチャネルから情報を収集するだけでなく、そうしたさまざまなチャネルをマーケティングメッセージの配信にも利用できます。つまり、キャンペーンの成否はEメールではなく、購入者の意思決定に影響するさまざまなチャネルをフルに活用できるかにかかっているのです。

何を基準にマーケティングオートメーションに投資する準備ができたと判断するのか?

優れたインバウンドのマーケティングコンテンツを生成し、新しい見込み客を安定したペースで獲得し、よい結果を得ている活動の規模をさらに広げる必要がでてきたら、こうした質の高い見込み客を実際に購入する顧客へと育成するマーケティングオートメーション戦略に活動を集中すべきです。マーケティングオートメーションの導入がビジネスにとって正解かどうかを判断するには、次の一連の質問に答えてみてください。

  • 有望な見込み客を安定したペースで新規に獲得できているか?

  • 引き渡される有望な見込み客が多すぎて営業チームの対応が追いつかないか?

  • マーケティング部門と営業部門が、それぞれの業務に関連する対話をどのように進めるかについて合意しているか?

  • 有効なコンテンツ戦略が購入者の購入プロセスにマッピングされているか?

  • 見込み客が各タッチポイントや(Eメールだけではない)マーケティングチャネルで示すデジタルのボディランゲージを追跡しているか?

  • 規模拡大を検討する見込み客育成戦略が既にあり、効果が実証されているか?

これらの質問の答えがイエスであれば、マーケティングオートメーションが(正しく実行されるなら)ビジネスにプラスとなるでしょう。ここで重要なのは、マーケティングオートメーションはマーケティングの手段ではなく、既に実績のある活動の規模を広げるのに役立つものであることを理解することです。

マーケティングオートメーションを成功させる秘訣とは?

優れたマーケティングオートメーション戦略を確立するには、多くの要素を配置する必要がありますが、顧客への対応の規模と内容をさらに充実させる戦略を展開するに当たり、次の2点が極めて重要です。

(1) マーケティングオートメーションは、マーケティングとリードジェネレーションを自動で行うのではなく、既に実績のある活動の規模拡大を支援するものです。

最初に、見込み顧客のニーズと課題にアピールする最適化されたコンテンツを作成して、見込み客にジャストフィットするパイプラインを構築します。ここで、インバウンドのマーケティングがマーケティングファネルの基本要素となります。

(2) マーケティングのメッセージは、キャンペーンの受け取り側にいる実際の生身の人間を中心に置いて作成します。

つまり、見込み客を実際の人間のように扱い、Eメールやソーシャルメディアなどの複数のツールに分散した断片的な存在として扱わないということです。利用可能なすべてのマーケティングツール、チャネル、行動データを活用して完全な人物像を作り上げることができれば、開いたEメールやそこからのクリック操作だけに頼るのではなく、見込み客に固有の課題と関心事に基づいて育成を進めることができます。

ビジネスに最適なマーケティングオートメーションプロバイダを
選ぶにはどうすれば?

マーケティングオートメーションプロバイダの選考に当たっては、自社のビジネスと目標に最適なソフトウェアと企業を選ぶことが重要です。個別の機能に目を奪われず、ビジネス上の成果と長期のパートナーシップを重視して検討してください。

戦略的な決断に役立つリソースをいくつか紹介します。

マーケティングオートメーションの理解に役立つ追加リソースは?

以下のリソースをご覧になることをお勧めします。

 

 

マーケティングオートメーションが役立つとお考えですか?

マーケティングオートメーション申し込み