ようこそ
HubSpot Japanへ

楽しく、ユニークな東京オフィスの職場でHubSpotチームに
参加して共に成長しませんか?

HubSpotとは

HubSpotの2006年創業以来のミッションは、企業のマーケティングとセールスと成長の方法を変えることです。HubSpotでは、役に立ち、人間味があり、好感の持てるビジネスアプローチに重き、私たちのインバウンドセールス&マーケティングソフトウェアは、世界中の18,000社を超えるお客様のお役に立っています。

HubSpotは米国マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置くグローバル企業であり、米国ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場しています。顧客企業は90カ国以上に及び、世界各地に1,100人以上のHubSpotter(HubSpotのスタッフ)がいます。東京オフィスの他に、シドニーのアジア太平洋オフィス、ダブリンの欧州オフィスがあり、米国には本社に加え、ニューハンプシャー州ポーツマスのオフィスもあります。

日本にHubSpotが
進出する理由

HubSpotは早い時期から日本の多くのお客様との関係を育んできました。2014年にはソフトウェアを日本語化し、現在は日本語のサービスとサポートも提供しています。東京オフィス設立初年度には、現在の日本のパートナーとお客様へのサービス、および日本での事業拡大のため、セールス、サービス、マーケティングなど正社員13人を採用する予定です。

日本とHubSpotの
強い絆

HubSpotのCEOで共同創業者のブライアン・ハリガンは、以前数年にわたって日本に滞在し、米国のソフトウェア会社PTCのアジア事業をゼロから1億米ドルまで成長させた経験があります。

日本のあるHubSpot代理店パートナーが私たちのウェブサイトを自主的に日本語化して以来、日本語は早い時期から英語に次ぐHubSpotの対応言語の1つになりました。

HubSpotの2人の共同創業者ダーメッシュ・シャーとブライアン・ハリガン共著の『インバウンド・マーケティング』の最初の翻訳版は日本語版です。

HubSpotのCEOのブライアン・ハリガンとマーケティング専門家のデイヴィッド・ミーアマン・スコット共著『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』の日本語版の販売部数は、原書の英語版の3倍に上りました。

HubSpotの社長兼最高執行責任者(COO)のJD・シャーマンは折に触れて俳句を(英語で)詠み、社内で発表しています。

米国本社の2つの会議室には、メジャーリーグベースボールの地元チームであるボストン・レッドソックスの日本人選手にちなんで「コージ・ウエハラ」「ジュンイチ・タザワ」という名前が付けられています。

japan-inbound-marketing-pub.png

HubSpotで働く理由

私たちにとって、HubSpotterはHubSpotで働くだけの存在ではありません。HubSpotterは、日本で、そしてさらに広い範囲でHubSpotが発展するための重要な役割を担い、私たちの会社は働きやすい職場として、その職場環境と企業文化は数々の賞を獲得し続けています。HubSpotの長期的な大きいビジョンの実現を目指して私たちと一緒に働きませんか?

受賞歴のある職場

Fortune.comの100 Best Workplaces for Women(女性が働きやすい企業100社)およびBest Workplaces in Tech(働きやすいIT企業)入賞

Glassdoorの2016年Best Places to Work(働きやすい企業)入賞

EntrepreneurとCultureIQのTop Company Culture(優れた企業文化の企業)入賞

VentureBeatのMarketing Automation Index(マーケティングオートメーションインデックス)第1位

G2 CrowdのMarketing Automation Leader(マーケティングオートメーションリーダー)第1位およびMarketing Automation Satisfaction(マーケティングオートメーション満足度)第1位 

HubSpotのユニークさ

成長

HubSpotは、HubSpotterの継続的な成長と学習を支援します。東京オフィス業務では、HubSpotの各種の部署や世界各地のオフィスと共に仕事を行う機会があります。学習費用の補助制度、書籍購入費の補助制度、HubSpotter主導の各種講演(Photoshop、スピーチその他)など、私たちはHubSpotterの成長のために手厚い取り組みを行っています。

バランス

人生は仕事だけではありません。私たちは、HubSpotterに健全な私生活と仕事のバランスを奨励し、そのための支援を行っています。私たちのオフィスでは、仕事を楽しみ、チームメンバーと交流するためのさまざまな特典や活動を無料で活用できます。個人や家庭の事情に合わせた柔軟な勤務時間制度や、必要に応じた在宅勤務制度もあります。私たちは、日本で規定されている休暇日数のみならず、HubSpotter全員に無制限の休暇を認めています。またHubSpotの管理職は、すべてのHubSpotterに公休日に加えて年間2週間以上の休暇を取得することを奨励しています。

敬意

HubSpotは、消費者の買い物や購買行動の新しいスタイルに合わせてマーケティングとセールスの方法を変えようという創業者の発想から出発しました。顧客の邪魔をするのではなく、顧客の関心事に寄り添い、顧客に敬意を払うことが重要です。HubSpotのソフトウェアは、一時的に顧客の注意を引くのではなく、真の関心を集めるために作られています。それと同じように、私たちはHubSpotterが起業家や指導者に成長するための手助けをすることで、最大の敬意を示したいと考えています。私たちは、あなたのような有能な人材を採用し、HubSpotのお客様のため、そしてあなたがHubSpotで成長するために必要な責任と自由を提供します。

オープンな組織

HubSpotの組織は透明性が高く、チーム間およびレベル間で情報が共有されるので、急成長しているソフトウェアビジネスとそのあらゆる段階をじかに詳しく知ることができます。また、上層部への風通しのよい組織作りに力を注ぎつつ、役員からインターンまで、すべてのHubSpotterが同じ場所で机を並べ、オープンなコミュニケーションと効率的な職場環境の構築にも取り組んでいます。

HubSpotの企業文化規約をご覧ください ››
  • HubSpotはグローバル企業なので、東京オフィスだけでなく、米国の2つのオフィスや、ダブリン、シドニー、シンガポールのオフィスとのやりとりも必要です。採用された方は全員、米国ケンブリッジで3~4週間の新人研修を受けていただきます。職務によっては、海外出張もあります。

    HubSpotでの国際的業務

  • 英語のスキルは重要ですが、すべての仕事に高い英語力が必要となるわけではありません。例えば、セールスの仕事では、通常業務のほとんどを日本語で行うことになるでしょう。ただし、ケンブリッジでの研修は英語で行われるので、英語の聞き取り能力と読解力が必要になります。また、採用面接も英語で行われる可能性が高いでしょう。

ご興味をお持ちですか?

HubSpotの共同創業者でCEOのブライアン・ハリガンは、かつて日本でキャリアを積み、その経験を生かしてグローバル上場企業を作りました。そして今、HubSpotは日本でインバウンドムーブメントを活性化し、これから何十年も成長を続けるHubSpotオフィスを築くために、日本の創立チームを求めています。

HubSpot Japanに参加して、ワークライフバランス、楽しく柔軟な職場環境、国際的キャリア形成のチャンスをつかんでください。

または人事担当の
Tatsuya Eguchi江口竜也

teguchi@hubspot.com ››

Tatsuya_Eguchi_Cropped-465168-edited-563445-edited.jpg

How to Find Us

HubSpot Japan

〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9-2

大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 3F

グローバルビジネスハブ東京内

電車でお越しの場合

地下鉄
大手町駅より地下直結 (東京メトロ丸ノ内線、半蔵門線、千代田線、東西線、都営三田線)

JR
東京駅 丸の内 北口より徒歩7分

お車でお越しの場合

首都高速 都心環状線 神田橋出口降車

詳細な道順や地図については、こちらよりグローバルビジネスハブ東京の公式サイトをご覧ください。